たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

映画

映画のリバイバル上映を生まれて初めて体験し、映画のレビューを書くことにもやもやし始めた。

いきなり余談ですが、わたし買い物したんです。 audio-technica/完全ワイヤレスイヤホン/ATH-CK3TW SI/MARVEL/STARK INDUSTRIESモデル 発売日: 2020/07/03 メディア: エレクトロニクス ※参考画像です。 このリンク先の商品は定価じゃないので、買わないでく…

【映画】『ドクター・ドリトル』ロバート・ダウニー・Jrと可愛い動物たちと美キッズと『グッド・オーメンズ』の天使。

わたし、アイアンマンが好きなので、ロバート・ダウニー・Jr(以下・RDJ)も好きになってしまったんです。 どういう意味かというと、アイアンマンとRDJを比べると、アイアンマンの方が好きというか・・。 アイアンマン>トニー・スターク(アイアンマンの変身…

『コンフィデンスマンJP ロマンス編』愛してるからこその辛口批評。長澤まさみの可愛さで加点があり★3。

来月(2020.7)、映画版第二弾の完結編が公開されるので、Amazonプライム特典に入ってきた映画版第一弾『コンフィデンスマンJP ロマンス編』。 さっそく観ちゃいました。 ・・ですが、基本的には映画作品に対しては辛いレビューはなるべく書かないように努力…

リバイバル上映観てきたので『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』への愛を叫ぶだけの記事。

※『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』という映画への愛を語るだけの記事で、こちらの作品のことや、マーベル系の映画を知らない人にはなんだかわからない記事になっています。マーベル系の映画がなんとなくでもわかる方、わからなくてもオタクのオタクに…

映画館で映画を観るということ。マーベル映画のリバイバル上映に行ってきたのでwithコロナでの映画館の現状をお伝えします。

これはあくまで個人的な映画館体験での感想で、緊急事態宣言が解除されたとはいえ、未だ東京では休業要請の全面解除の決定が下されておらず、新型コロナウイルスの新規感染者が2桁報告されている段階(2020.6.15)での映画館での鑑賞体験記録です。 正直、…

『ハーフ・オブ・イット:面白いのはこれから』美しく爽やかな青春群像劇の傑作。

Twitterで評判がよかったので、ずっと気になっていたNetflix映画の『ハーフ・オブ・イット』。 時間も1時間45分と観やすい長さだったことから、見てみたら、これは青春ものとしてはちょっと、いや、かなりの傑作だったと思う。 冒頭の語り『愛の解釈』から…

『恋は雨上がりのように』アニメと実写を両方観た。若さに翻弄される老いた自分の悲哀と光。

この間、Twitterのフォロワーさんたちの間で、好きな映画を言い合うバトンを渡すリレーがあって、わたしが回したフォロワーさんが『恋は雨上がりのように』 を上げてくれました。 Amazonのトップページですごい推されていたので、ずっと気にはなっていたんで…

『翔んで埼玉』ほっこり映画で、千葉への愛が深まる(笑)

話題になっていた『翔んで埼玉』。 地上波で盛り上がっていた時も見逃してしまっていたのですが、Amazonプライムに入ってきたので、視聴しました。 翔んで埼玉 発売日: 2019/09/11 メディア: Prime Video 全く事前情報なく観たのですが、オープニングで、原…

『グランド・ブダペスト・ホテル』アカデミー賞9部門ノミネート4部門受賞のお洒落ミステリー。

本当は『スーサイド・スクワッド』を観る予定だったのですが、2時間を超える作品を観る時間の余裕はなかったので、少しだけ短い『グランド・ブダペスト・ホテル』(100分)をチョイスしました。 映画『グランド・ブダペスト・ホテル』予告編 わたし、たぶん…

『1917 命をかけた伝令』ホラー映画並みの緊張感。戦争が”日常”になるリアル。

映画『1917 命をかけた伝令』早速、観てまいりました。 来月から咲くであろう桜。 今年はちょっと違った意味を持ちそうです。 前評判から、普通の2Dではなくてせめて、音響のいいDOLBY ATMOSとかULTILAで観ようかと思っていたのですが、奮発してIMAXにしま…

第92回アカデミー賞(2020)の発表を受けて、生きにくさをテーマにした邦画作品の紹介。

2020年2月10日、アカデミー賞の授賞式がアメリカで行われました。 わたしの予想記事は、6部門中4部門の予想が当たりましたが、中途半端になってしまいましたね(笑) 作品賞はまさかの『パラサイト』。 今まで長年、沢山の洋画や洋ドラを観てきて、残念な…

『ヒックとドラゴン』2もすごくよかったので、完結編を劇場で見逃したことで泣いてる。

間に合わなかった・・・。 せめてあと1週間『ヒックとドラゴン』に出会うのが早ければ、ちょっと遠征してでもドラゴンたちがスクリーンを飛び回るのをこの目で見ることができたのに、もう一生、叶わない。 欲を言えばIMAX3Dで隅々まで観たかった。辛い・…

『ヒックとドラゴン』感想 アカデミー賞予想の一環で観てみましたが予想外の物語。

※『ヒックとドラゴン』の話は記事後半に出てきます。 前半は2020年アカデミー賞長編アニメーション部門についての話題です。 第92回(2020)アカデミー賞の予想キャンペーンで、全部当てたら5万円漏れなく贈呈!!というのを発見し、すでに大方の予想を何週…

第92回アカデミー賞(2020)6部門。素人がガチで受賞予想。

わたしは映画通でもなければ、普段話題作を動画配信や劇場で観てレビューをブログにちまちま書いているだけで、特にアカデミー賞にも詳しくない、ただの映画を観るのが好きな人です。 去年某サイトのキャンペーンで作品賞を予想し、未見にも関わらず『グリー…

映画界に新しい風が吹かせた『ジョジョ・ラビット』でむせび泣く。

アカデミー賞の作品賞受賞作を予想しよう! 絶賛キャンペーン中ということで『ジョジョ・ラビット』を観てきました。 2020年、劇場映画一本目の記念すべき作品となりました。 アカデミー賞には、作品賞、助演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)、脚色賞、衣…

映画版『キャッツ』。わたしは大満足した。

前評判が世界的に酷評の嵐だった『キャッツ』の映画版。 日本でも先行で観た人たちの感想が最悪でした。 わたしが目にしていた感想はこんな感じ。 ・人面猫のホラー映画 ・幻覚を見ているようで意味がわからない ・お金を払っても見たくない ・人生でもう二…

『2人のローマ教皇』2019年来日の教皇が主役。神と聖職者と民の三角関係は矛盾に満ちている。

2019年アカデミー賞・作品賞『グリーンブック』を未見で当ててムビチケ山分けポイントをゲットした身としては、本年2020年の作品賞も是非当てたい。 しかし、今年はキャンペーンをやっていないため、完全に『二年連続で当てたい』という自己満足なだけなので…

『マリッジ・ストーリー』愛があっても二人で居られない。脚本、演技ともに圧巻。ラストに涙。

2020年度アカデミー賞、作品賞、主演男優賞(アダム・ドライバー)、主演女優賞(スカーレット・ヨハンソン)、助演女優賞(ローラ・ダーン)、脚本賞(ノア・バームバック)がノミネートされている『マリッジ・ストーリー』。 Netflixオリジナル作品として…

【Netflix】『6アンダーグラウンド』美男美女、ド派手アクションの映像美! 続編希望。

2020年映画レビュー一本目は、ライアン・レイノルズ主演のNetflixオリジナル映画『6アンダーグラウンド』です。 配信されてからずーっと気になっていたんですけど、やっと観られたー! 『デッド・プール』が好きなので、完全にライアン・レイノルズ目的なの…

劇場で観た映画個人的ランキング:2019下半期編。

2019年もあと1週間を切りました。 (下半期はそんなに劇場行けてなかったな・・)と思って、ブログを振り返ったら半年の間、わたしが思っていたより劇場で観ていた。 珍しく同じ映画を二回、三回とあまり観たりしていなかった(リピート鑑賞したのは一度だ…

『アーサー・クリスマスの大冒険』アニメがすごい!!大人も子どもも楽しい、夢いっぱいクリスマス映画。

今日はクリスマス・イヴということで、クリスマス映画をご紹介します。 クリスマス映画っていいですよね! 基本的にはハッピーな映画が多いじゃないですか。 わたし、大好きです。 ジェームズ・マカヴォイが多重人格者を演じたホラー映画『スプリット』 とい…

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が最高に面白かったのでもう一度観たい。

どうしても観たくて仕方がなく気持ちが盛り上がっていましたが、時は師走。 年内無理かな・・と思っていたのですが、もともとの予定がキャンセルになったのをいいことに 観てきちゃいましたー。 『ジュマンジ/ネクストレベル』。 わたしがIMAXで観られ…

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』の前に『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観よう!

祝!! ジュマンジ新作。 1995年の1作目の映画では、ロビン・ウィリアムズが主演。 そちらも、つい最近観たんですけど、ジュマンジのイメージは(恐竜とか出る系SF?)のような本当にぼんやりとしたものでした。 実際、当たらずとも遠からず的な内容なん…

【流行語大賞2019】個人的な流行語を今年観た海外ドラマと映画とともに振り返る。

ユーキャン 新後・流行語大賞2019が発表されて、大賞にはラグビーワールドカップにちなんだ『ONE TEAM(ワンチーム)』が選ばれました。 正直、初めて文字として入力したし、個人的に言葉として声で発したことがないぐらい2019年の流行に乗り遅れているわた…

【Netflix】『ダンプリン』感想 非常に”ネットフリックスらしい”青春映画でした。

『フレンズ』は未見なのですが、ジェニファー・アニストンが好きなのでマイリストに入れていたNetflixオリジナル映画の『ダンプリン』。 おススメ映画を昨夜フォロワーさんに尋ねたところ、こちらの作品を紹介して頂いたので、いい機会なので観ることに。 本…

【映画】『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』感想 食・旅・音楽・愛の癒しムービー。

THE・癒し。 すっごい好きでした。この映画。 観た動機は、マーベルのMCU俳優がたくさん出ていて馴染み深いというものでしたが、結果、映画自体がすごくよかったよー。 MCU俳優が一人も出ていなかったとしても、文句なしに絶対好きな作品だった。 監督・製作…

【映画】『運び屋』感想 実写映画のお手本のような淡々としたなかに人の業の深さを描く。

クリント・イーストウッドの監督・主演映画の『運び屋』(原題:The Mule)。 Amazonプライムビデオ週末レンタル100円の時に購入していた作品でしたが、もたもたしているうちに期限が切れそうになり慌てて視聴。 なので、正直『運び屋』的な心の準備はできて…

【映画】『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』感想 金曜ロードショーからの「また会えたね」に是非。

『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(IT Chapter Two)観てきました。 わたし、ペニーワイズがすごく好きなんです。 初代『IT/イット”それ”が見えたら、終わり。』では、すごくかっこよくて雰囲気があった。後から調べたら中の人の、ビル・…

【映画】『クロールー凶暴領域ー』製作:サム・ライミ。ワニワニパニック vs 人類

ホラー初心者のわたし。 Twitterのプロモーションで見かけて、興味を持っていたこちらの作品。 観た方の感想で「クワイエット・プレイスみたいな閉塞感!」というのがあり、観に行くのを楽しみにしていました。 しかし、最寄の行きつけ劇場では上映していな…

【映画】あなたは『ジョーカー』の悲しみを理解できるか。(ネタバレなし感想)

公開初日に観に行った、『ジョーカー』。 衝撃でしばらく余韻を引きずるほどの映画体験だったし、レビューを書くかどうか、2日かけて悩みました。 多分1億人居たら1億通りの感想を持つし、観た人全員が、誰の意見もなんか違うってなりそうな気もしたので…