たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

海外ドラマ

ベター・コール・ソウル シーズン2 第7話『風船人形』 感想 せっかくわたしは女なんで、女性のキャラについて今回はメインで語る。

ジミーがD&Mに入社するときに唯一こだわったココボロ素材の机。 アコースティックギターやオカリナなど楽器に使われることが多い素材みたいなのですが、ドラマ内ではでっかいその机が7000ドル(日本円で約80万円弱)が、パートナー候補として入社するとい…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第6話『バリ・ハイ』 感想 華やかに見える弁護士だって、仕事はつらい。

いいなー。ジミーのモーニングチューンつきのモーニングコール。 あのシーンを観て、2人の気持ちに温度差けっこうあるのかなとそれまでは思っていたけど、キムもジミーのことけっこう好きなんだなと思った。 朝から本気で歌われるのもちょっと微妙なんで、…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第5話『レベッカ』 感想 チャックとジミー、兄弟間の深い闇。そして初めて聞くヘクターの声(笑)

海外ドラマをメインにブログを書いている身としては気になって仕方ない、老人ホームで毎日3時~4時に放送されている『ジェシカおばさんの事件簿』。 日本でもその時間帯は『相棒』や『科捜研の女』、『京都地検の女』、ちょっと昔や別局では『赤い霊柩車』…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第4話『丸腰』 感想 マイクのかっこよさが半端ない一方、ジミーは見ていて辛い。 

『ブレイキング・バッド』でもその存在感でドラマを盛り上げていた、マイク・エルマントラウトを演じるジョナサン・バンクス。 『ベター・コール・ソウル』でのカッコよさ半端ないです。 シーズン2では、ジミーとどちらが主役かわからないほど。 1947年1月3…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第3話『テキサス』 感想 ジミー、D&Mクビになっちゃえばいいのに!

テキサス州はアルバカーキのあるニューメキシコ州の向かって右隣にあり、メキシコとの国境沿いにあるとても面積の広い州です。日本国土より広く全米第2位の面積、ちなみに1位は北極圏に属しているアラスカ州です。 今回の原題『Amarillo』は、テキサス州の…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第2話『クリームパイ』 感想 【Cobbler】(コブラー)が思っていたのと全然違っていた件。

毎度おなじみの余談ネタが今回は思いつかなかったので、原題の『Cobbler』(コブラー)を紐解くことに。 紐解いてみたら、興味深い結果に(笑) コブラー、知っている人は知っていると思うんですが、わたしはなんのことか知らなかったんです。調査の結果、英…

ベター・コール・ソウル シーズン2 第1話『スイッチ』 感想 ジミーの『Switch』吉と出るか凶と出るか。

『ベター・コール・ソウル』シーズン2スタートです! シーズン2の第1話では、ガス・フリングを思い出させる”あのテキーラ”が登場してテンションアップ。 いくら高級ホテルのラウンジといっても、1ショット50ドルという超高級テキーラ『Zafilo Anejo』(サ…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第10話(最終話)『マルコ』 感想 ジミーがいい人すぎて辛かったシーズン1でした。

【ケビン・コスナー】 ハリウッドにその名前をとどろかせる大御所俳優で、日本でそんなに洋画を観ない人でも名前ぐらいは知っていると思うし、最悪名前と顔が一致していなくても、なんかしらの作品で一度は観たことがあると思うぐらいたくさんの映画に出てい…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第9話『ピメント』 感想 ジミーの傷ついた心を思うと切なくて涙が出る。

今回のエピソードで老人ホームの訴訟を進めるために、チャックに敵から仕掛けられるかもしれないので阻止せねばならない、とジミーが言われていた【シビル・ハラスメント】 。 マーベル映画ファンのわたしからすると、【シビル】という言葉から連想するのは…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第8話『RICO法』 感想 RICO法についてわたしなりに知りえたことを伝えられるだけ伝えます。

今回のエピソード、原題【Rico】なんですけど、若い女の子が好きな何かの商品名みたいじゃないですか。 RICO、難しすぎるっ!! 可愛い名前をつけて、その難解さを誤魔化してるとしか思えない。 そもそも、もちろん略して【Rico】なんですけど、元々の略され…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第7話『ビンゴ』 感想 ジミーのお人よしぶりがどんどん心配になってきた。

今回のエピソードでは、老人ホームで開催されたビンゴ大会でのジミーの司会のうまさに感動すら覚えたので、改めて、本作品『ベター・コール・ソウル』でジミー・マッギル(後のソウル・グッドマン)を演じる、ボブ・オデンカークの経歴について調査。 まずは…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第6話『警官』 感想 マイクが醸し出す渋い世界観、そして壮絶で切ない過去。

『ブレイキング・バッド』本編でも【警官だった】という過去以外の詳しい情報や素性が明かされることがなかった、ガス・フリングの腹心だった無口で無骨なマイクが主役のエピソード。 マイクが醸し出す渋い世界観にどっぷりと入ってしまった、1本のドラマ作…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第5話『羊飼いの少年』 感想 ジミーとチャックの複雑な関係に心が痛む。

今回の『Alpine Shepherd Boy』という原題を見て、真っ先に浮かんだのは【アルプスの少女ハイジ】のペーターです。 ユキちゃんがヤギなことはもちろん知っていましたが、何故かペーターを羊飼いと勘違い。 そうです、ペーターは山羊飼い少年。『Alpine Goath…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第4話『ヒーロー』 感想 【ジミー・マッギル】という名前にかける想い。

ジミーのお兄さんが訴えている電磁波による身体の不調。 最近話題になっている【化学物質過敏症】のように、実際あるのかなぁと思って調べてみたらありました。【電磁(波)過敏症】。 ※今から書くことは、下記サイトを中心に何個かサイトを見て書いたもので…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第3話『ナチョ』 感想 3話目にして主人公への肩入れが激しくなってきて、このドラマはヤバい予感しかない。

唐突ですが、わたしは黄色が好きなんで、ジミーの乗っている車が可愛いと思っています。 『ブレイキング・バッド』の時も、キャストの乗っている車の調査をしていたわたしですが、ジミーの乗っている車も当然調査。 『ベター・コール・ソウル』の調査では、…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第2話『トゥコ』 感想 待ってました!(涙)ミシェル・マクラーレン監督。

第2話を観終わってというか、視聴中から(これは、ミシェル監督の担当エピソードだな)となんとなく思っていたんです。 満足度も非常に高く、2話目にして『ベター・コール・ソウル』に気持ちも入り込むことができました。 カメラワークや、荒野での空の色…

ベター・コール・ソウル シーズン1 第1話『駆け出し』 感想 【ベター・コール・ソウル】も、遂にデビューです!

帰ってきました、アルバカーキ!! 『ブレイキング・バッド』のスピンオフ作品『ベター・コール・ソウル』。 『ブレイキング・バッド』をシーズン5まで全て完走して、本当はすぐに『ベター・コール・ソウル』に入るつもりでしたが、ドラマに対する思い入れ…

プリズン・ブレイク シーズン5 第9話(最終話)『瞳の奥』 感想 色んな意味でプリズン・ブレイクらしい最終話だったと思う。

鳴り物入りで始まった『プリズン・ブレイク』シーズン5の最終話です。 シーズン5も全体的に話がとっちらかっていたけど、基本『プリズン・ブレイク』はそういうドラマなんで(笑) 全然関係ないけど、中東風にアレンジされたいつものプリズン・ブレイクの…

プリズン・ブレイク シーズン5 第8話『DNA』 感想 ジェイコブ、ヤバい。何がヤバいって・・(ここからはネタバレなので本編で)

今回のエピソード、邦題は『DNA』で原題は『Progeny』なんです。 日本語で言うと【遺伝子】と【子孫】って感じなんですけど、だいぶ意味が変わってくる気がするのはわたしだけでしょうか・・。 確かに『DNA』のほうが、なんかかっこいい気もするし、同じよう…

プリズン・ブレイク シーズン5 第7話『再会』 感想 なんでもあっさり解決しちゃうストーリー展開を愛してます!

何故、こんなにも脚本が破たんしている『プリズン・ブレイク』を面白いと思ってしまうのか、わたしにはもう自分のことがよくわかりません。 今回も、海と大きい船という撮影が大変そうな壮大さで、アクションも大変そうなうえ、お金がすごくかかってそうな割…

プリズン・ブレイク シーズン5 第6話『砂漠の果て』 感想 果たして「マイケルが挑めば世界だって屈する」のか(笑)

『プリズン・ブレイク』においてのアジア人、悪役か性格悪いやつ多すぎないですか?(汗) 海外ドラマや洋画は大好きなわたしですが、人種差別や宗教差別やマイノリティ差別など色々な差別が描かれることも多く、比較的差別される側であるアジア人のわたしと…

プリズン・ブレイク シーズン5 第5話『迷走』 感想 マイケルのブラコンぶりを久々に観られて嬉しい(笑)

今回のエピソードの 原題は【Contingency】。 不慮の事故とか、緊急事態とかそういう意味の単語なんですが、普通に【不測の事態】とかでいいところを【迷走】という日本語に変えているところが、訳した人の主観が出ていておもしろいと思いました(笑) いや…

プリズン・ブレイク シーズン5 第4話『囚人のジレンマ』 感想 【ゲーム理論】を踏まえて観るとより面白いかもしれないエピソード。

【囚人のジレンマ】とは、多分第2話ぐらいでジェイコブがサラに懇々と説明していた『ゲーム理論』の中の戦略的考え方の一つの名前です。 そもそも、ゲーム理論とはざっくり言うと、社会や自然界における複数主体の意思決定や、相互的依存の心理状況を数学的…

プリズン・ブレイク シーズン5 第3話『嘘』 感想 ティーバッグが性懲りもなくサラに接近したところがハイライト(笑)

ごめんなさい。 第3話視聴中、頑張ってはいたんです、頑張ってはいたんですが、何度か数秒寝落ちしてます! だって、暗くてよく見えないシーンが多かったんだもんっ! でも、話はきちんと追っていたので、大事なところは大丈夫です(たぶん)。 それに、第…

プリズン・ブレイク シーズン5 第2話『光の首長』 感想 シーズン5の舞台 『イエメン共和国』とはどんな国なのか。

相変わらず、ツッコミどころの多い強引な展開で話が進む『プリズンブレイク』。 ドラマとしては楽しいプリズン・ブレイクですがそれとは真逆に、全然楽しくはない、シーズン5の舞台となったイエメン共和国を中心とした中東のことを少しお勉強して、それを踏…

プリズン・ブレイク シーズン5 第1話『死者からの手紙』 感想 またプリズン・ブレイクを観られるということだけで嬉しい!

始まりました、『プリズン・ブレイク』シーズン5!!(わたしの中で) Amazonプライムビデオさん、配信ありがとうございます~。 シリアスな雰囲気なのにゆるゆるな脚本、というところにツッコミを入れながら観るのが大好きな作品だったんで、完結して淋し…

プリズン・ブレイク シーズン4 ファイナル・ブレイク(前・後編) 感想 シーズン5に入る前にプリズン・ブレイク愛を語りたい。

『プリズン・ブレイク』ファンのみなさん、こんにちは。 下記、プリズン・ブレイク最終回の感想で、「ファイナル・ブレイクと総評でお会いしましょう~!」とか呑気に言っておきながら他のドラマに浮気しまくり、なんと1年以上放置! 自分のだらしなさに愕…

ブレイキング・バッド シーズン5 第16話(最終回)『フェリーナ』 感想・総評  ブレイキング・バッド、とうとう完走です。ありがとうございました。

ブレイキング・バッド シーズン5 第16話(最終話)感想です。 全62エピソード、ついに完走しました! 観始めたのが今年の7月、それから約3か月、ずっと生活の一部だった『ブレイキング・バッド』。 途中、観るのが辛くなったりした時もありましたが、これ…

ブレイキング・バッド シーズン5 第15話『ニューハンプシャー』 感想  ソウル・・すごくホッとした。それだけでも観た甲斐があった。

ブレイキング・バッド シーズン5 第15話感想です。 ニューハンプシャー州は、日本を中心とした世界地図で見るとアメリカ大陸の向かって右側、大西洋に一部が接している縦に細長い州です。 ニューヨークよりも更に北に位置し、最北端はカナダの国境に面して…

【エミー賞8部門受賞】Amazonオリジナルドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』。女性としての生き方に焦点を当てたドラマ。

2018年のエミー賞、【コメディ/ミュージカル部門】の作品賞、主演女優賞など計8部門受賞した、Amazonプライムオリジナルドラマ『マーベラス・ミセス・メイゼル』。作品の存在自体は知っていたのですが、Amazonプライムビデオ自体の作品紹介での紹介の仕方や…