たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

sense8 S1

【Netflix】『sense8』シーズン1第12話(最終話)『あの子を置いていけない』感想 雪山の運転をなめるな!!&総評

Netflix『sense8』シーズン1第12話(最終話)『あの子を置いていけない』感想です。 ライリーの過去、かわいそうだったね。観ていて非常に辛かった。 あのあと、自暴自棄になってロンドンに行って、クズと付き合ってあんな目に遭うなんて感応者云々の前に…

【Netflix】『sense8』シーズン1第11話『引き返せば未来は変わる』感想 引き返しても引き返さなくても未来は変わる。

Netflix『sense8』シーズン1第11話『引き返せば未来は変わる』感想です。 ここ最近というか、ずっとカーラの煮え切らない態度にイライラしていたんですけど、【インドならでは】の結婚事情や宗教事情があるんだと思っていました。 カーラはかなり恵まれた…

【Netflix】『sense8』シーズン1第10話『人間の条件』感想 自分が生まれる宣言をした『インデペンデンス・デイ』。

Netflix『sense8』シーズン1第10話『人間の条件』感想です。 『インデペンデンス・デイ』というウィル・スミスの映画がありまして、続編もあり、日本では『インデペンデンス・デイ』というと、映画の方を思い出す方も多いかと思いますが、アメリカで【Inde…

【Netflix】『sense8』シーズン1第9話『死は別れじゃなくて』感想 ノミのケースとリトのケース、全然違う問題。

Netflix『sense8』シーズン1第9話『死は別れじゃなくて』感想です。 ライリーのふるさとの表記を【アイスランド】ではなく【アイルランド】と何個か表記していたことを訂正してお詫びします。 ちなみにお詫びとして、【アイルランド】についても少し、情…

【Netflix】『sense8』シーズン1第8話『人の本質は勇気の有無で決まる』感想 夢をかなえるゾウ。

Netflix『sense8』シーズン1第8話『人の本質は勇気の有無で決まる』感想です。 ヒンドゥー教の神様【ガネーシャ】といえば、昔流行った小説のような形態をとった、いわゆる自己啓発本『夢をかなえるゾウ』ですよね。 ベストセラーだし、ドラマ化もされた…

【Netflix】『sense8』シーズン1第7話『探偵ごっこ』感想 囚人服。

Netflix『sense8』シーズン1第7話『探偵ごっこ』感想です。 韓国の女子刑務所の囚人服、何色かあるみたいだけど基本的には『ウェントワース女子刑務所』(というhuuluプレミアの女子刑務所ドラマ)色。 今まで、刑務所が舞台のドラマや、囚人が出てくるド…

【Netflix】『sense8』シーズン1第6話『悪魔』感想 全然違うけど【ナッツ姫】のことを思い出す。

Netflix『sense8』シーズン1第6話『芸術は宗教のようなもの』感想です。 事件当時一世を風靡(?)した【ナッツ姫】。 【大韓航空ナッツ・リターン事件】として、当時のニュース界隈を騒がせていましたが、2014年12月の出来事なので、4年半ぐらい経過して…

【Netflix】『sense8』シーズン1第5話『芸術は宗教のようなもの』 感想 なんでも【共鳴】のせいにする思考になってきました。

Netflix『sense8』シーズン1第5話『芸術は宗教のようなもの』感想です。 今、Amazon Exclusive『スタートアップ』というドラマと並行して『sense8』を視聴中なのですが、『スタートアップ』は意味不明な第1話から大化けして、シーズン後半泣くぐらいのド…

【Netflix】『sense8』シーズン1第4話『何が起こっているの』 感想 4 Non Blondes 『What's Up』  という曲です。

Netflix『sense8』シーズン1第4話『何が起こっているの』感想です。 最後、8人が共鳴していた曲。 4 Non Blondes 『What's Up』という曲です。 4 Non Blondes - What's Up 歌詞に『What's Up』という単語は出てこないのですが、【What's going on?】とい…

【Netflix】『sense8』シーズン1第3話『痩せっぽち女の優勢』 感想 ジャン=クロード・ヴァン・ダム本名長すぎとナイロビの治安。

Netflix『sense8』シーズン1第3話『痩せっぽち女の優勢』感想です。 芸名:ジャン=クロード・ヴァン・ダム(Jean-Claude Van Damme) 本名:ジャン=クロード・カミーユ・フランソワ・ヴァン・ヴァレンバーグ(Jean-Claude Camille François Van Varenber…

【Netflix】『sense8』シーズン1第2話『私はみんなで、みんなは私』 感想 『トマス・アクィナス』が訴えた自己愛と迫害。

Netflix『sense8』シーズン1第2話『私はみんなで、みんなは私』感想です。 第2話、話のテンポいい感じです。 8名という割と大人数のメインキャストを動かす段階的な脚本、上手いと思います。 わたしは、基本的にはドラマはダラッとした展開は好きではな…

【Netflix】『sense8』シーズン1第1話『大脳辺縁系共鳴』 感想 差別問題に直球で切り込んでいくスタイルなドラマ。

Netflix『sense8』シーズン1第1話『大脳辺縁系共鳴』感想です。 気軽に見たNetflixの『アンブレラ・アカデミー』に思いのほかハマってしまい、まだシーズン1で10話しかなかったので、ハマったと思ったらすぐロスになってしまいました・・。 『13の理由』…