たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

ペーパー・ハウス S2

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第9話(最終話) 感想 ベルリンを推していてよかった。それだけです。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第9(最終話)話感想です。 べら、ちゃお~、べら、ちゃお~。 べらちゃお、べらちゃお、べらちゃうちゃうちゃう。 さすが最終エピソード、激しかったですね、挿入歌(笑) というわけで、 『ペーパー・ハウス』造幣局襲撃編…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第8話 感想 9億8400万ユーロは、124,590,144,000円。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第8話感想です。 記憶が曖昧なんですが、ラケルが前々回ぐらいのエピソードの時に「わたしが死刑にするわ」って言ったと思うんです。 その時に(スペインって、死刑あるのかな・・)と死刑制度がずっとある国、日本に生まれ…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第7話 感想 「500ユーロ紙幣は印刷しない」。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第7話感想です。 今回、ナイロビとトーレスの会話で造幣局で印刷していた紙幣が、100ユーロと200ユーロ(が中心)だったことが判明しましたが、ドラマ内で言っていたとおりユーロの最大の紙幣は500ユーロ。 100ユーロと500ユ…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第6話 感想 ラケルのことをとても残念に思った。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第6話感想です。 『私はあなたを愛しています』は、『Yo te amo』(ヨ テ アモ)です。 教授が何度も言わされてビンタされていたセリフ。 きちんと聞き取れなかったけど、これかなーと思います。 もしかしたら、『Yo』 は言…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第5話 感想 【世紀の強盗事件】に巻き込まれたそれぞれの女の運命。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第5話感想です。 教授が自分が仕掛けた強盗中にも関わらず弱気になり、夢を見てしまったラケルと一緒の海への逃避行。 絵葉書の中から教授が引き当てたフィリピンの【パラワン】島。 2015年にアメリカの旅行雑誌にて【世界で…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第4話 感想 ラケルと教授の心理戦!! 後半すごく面白かったエピソード。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第4話感想です。 今まで観た『ペーパー・ハウス』の中で一番面白かったエピソードかもしれない! めちゃくちゃ後半ドキドキしました。 血圧確実に、上がってたと思う。 家の血圧計だと、いつも夜は最高85とかそのあたりをう…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第3話 感想 フェミニズムのことを少しだけ語る時が来た。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第3話感想です。 フェミニズムのことを持ち出すのは、現代日本においても非常にデリケートで根が深い問題であり、それぞれの生育環境によって価値観もバラバラだし、わたしが日本で生まれ育った女性であるということも踏まえ…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第2話 感想 【トーキョー】の名前を背負って無謀なことをしてほしくない日本人。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第2話感想です。 【東京】 東京都公式ホームページ 日本の首都であり、2020年の夏のオリンピックの開催国でもあり、アジアを代表する都市の一つ。 東京都の公式サイトによると人口は1400万人弱と、日本の人口の1割以上が東…

【Netflix】『ペーパー・ハウス』シーズン2第1話 感想 『ストックホルム症候群』について。

『ペーパー・ハウス』シーズン2第1話感想です。 べら、ちゃお~、べら、ちゃお~(以下、略) ちょっと間が空いてしまったのですが、続きが観たくてしょうがなかった『ペーパー・ハウス』シーズン2。 視聴突入記念に、まずはこちらのお写真をご覧ください…