たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

『メリー・ポピンズ リターンズ』。これぞ、ディズニーオブディズニー。メリー・ポピンズへの愛がマックス!ディズニー好きは必見です。

メリー・ポピンズ リターンズ』 観に行ってきました!

今まで、シンデレラ城のオープニングから始まるディズニー作品を長い映画人生の中で一体どれほど観たのか定かではないですが、メリー・ポピンズはリターンズとセットで、わたしの中でのディズニー映画ランキングの上位を確実に塗り替えました。

f:id:meganetamago:20190203100224j:plain

 ※画像は公式サイトにリンクされています。


今年入ってすぐに、公開前駆け込みで、みんなが『元祖』を観たくなる前に観ておきたいと思って観ておいたのですが、帰って来る前メリー・ポピンズ観ておいて、本当に、本当に、本当によかったー!! 

↓ 元祖『メリー・ポピンズ』観た時の記事。

www.meganetamago.com

 

元祖が50年以上前の作品なのですが、その時代のディズニーが社の総力をかけてこのメリー・ポピンズを作ったということがわかる気合いの入った作品で、元祖を観た時点ですごく好きな作品となってしまったのですが、 メリー・ポピンズ リターンズ』はその『元祖』へのリスペクトがとにかくすごい。

今回のリターンズでは、元祖のメリー・ポピンズが世話をした姉弟と再会し、弟の子どもたちの教育係をメリー・ポピンズがするというストーリーなのですが、当時のディズニーが総力をあげて、メリー・ポピンズを作ったのなら、今のディズニーはその『メリー・ポピンズ』に社をかけて感謝したという印象です。

現代の技術なら、当時のディズニーがやりたくても出来なかったことはなんでもできます。できないことはないぐらいなんでもできたと思うのですが、 元祖のメリー・ポピンズを超えようとか勝負しようという感じは全くしなく、ただただメリー・ポピンズという作品への愛が冒頭シーンからダダ漏れ

 

今回、メリー・ポピンズを演じた主演のエミリー・ブラントは、二番煎じにならないように敢えて初代のメリー・ポピンズは観ずに作品に臨んだそうですが、それで正解だったと思います。

わたしはリターンズを観る前に元祖を観てしまったので、どうしても比べてしまうところは出てきてしまったので、そこは正直デメリットではあったと思います。

それでも『元祖』を先に観ておいたほうがいいというメリットの方が多いとわたしは思います。

元祖は今から50年以上前の作品ですので、今回リターンズを観に行こうと思っている人で、劇場で元祖を観た人はほとんど居ないと思うのですが、今回リターンズで劇場に行きたいと思っている人が、『元祖』を先に観ておけば、冒頭シーンからウルウルが止まらないからです。

リターンズ視聴中に何度泣いたことか。

3倍・・いや、5倍は泣くシーンが増えていたと思います(笑)

 

元祖の事前情報全くなしに、今回のメリー・ポピンズ リターンズ』を観に行っても全然楽しめると思います。

それだけ作品の完成度は高いし、わくわくとドキドキと感動が詰まっていた作品でした。

ディズニーアトラクションの世界に入り込んだようなディズニー感満載の素敵な作品です。

デートでも、家族連れでも、友達同士でも、ひとりでも、老若男女全員楽しめること間違いなしの作品であることは強く言っておきたいです。

世界観、ストーリー、歌、ダンス、映像美と、天下のディズニーが満を持して世に送り出した『映画』という娯楽を、千円そこそこで楽しめる実質タダみたいな作品なのです。

その証拠に入り口近くの通路前に座っていたわたしの前を、エンドロールが終わりきるまで通過して劇場を出ていく人が一人も居なかったということからも、観ていた人たちの満足度の高さが伺い知れると思います。

同じ時間帯に観ていた人たち全員が元祖を観ていた人たちではないと思うので、それでもそういう結果だったのです。

 

でも、リターンズを観た人は100%、元祖を観たくなります。

元祖を観てから観に行った人も、観ないで観に行った人も全員です。

なので、もう間に合わない人やすぐさまリターンズを観たい人は、リターンズから観ても同じことなので、どっちでもいいかなという気はしてきています。

わたしは、リターンズをリピートするなら、その前にもう一度元祖を観てから行きたい。一度ではオマージュの回収がしきれなかったです。

リターンズから観た人は、元祖を観てまたリターンズを観てぐるぐるするし、元祖からリターンズを観た人もぐるぐるするので結局みんなぐるぐるすると思います(笑)

 

あと、今回の作品の内容にほとんど触れていないので少しだけ触れますが、2人の大御所ハリウッド女優と、ハリウッド俳優も見逃せない要素のひとつです。メリル・ストリープのくだりはさすがの存在感で印象に残るシーンとなっていて、コリン・ファースは出番が少ないながらも、コリン・ファースファンを満足させるコリン・ファースだったと思います(笑)

 

元祖のメリー・ポピンズと、今回のリターンズ。

わたし自身も観た直後は比べてしまって、いろいろあーだこーだ考えていたのですが、一晩明けて冷静になってPCに向かっているうちに、ディズニーは前作との比較は今回のリターンズには求めていない、それは主旨違いということがはっきりと腑に落ちたので、それぞれの思いでメリー・ポピンズを楽しんでほしいと思います。

 

あと、最後になりますが、元祖メリー・ポピンズファンには涙必至のサプライズが盛り込まれています。見逃さないでくださいね!

 

というわけで、メリー・ポピンズ リターンズ』で全員ハッピーになってきてほしいと思います。

観に行って、絶対損はしません。

 

わたしも、リピートすぐ行きたいです。

それでは、また!

 

<スポンサーリンク>