たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

ザ・ギフテッド シーズン1 第4話 感想 第4話はマーベル寄りのハラハラ感アリでテンションUP!

ザ・ギフテッド シーズン1 第4話 感想です。

 

第3話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

www.meganetamago.com

 

 

 

 

 

第4話は、警察に捕らえられているリードパパと、マルコスの恋人ローナの救出劇エピソードでした。

 

 

※以下、ネタバレありの感想です。

 

1~3話は一般人に迫害されるミュータントを描いていてシリアス感高めでしたが、今回はハラハラするミュータントたちと警察とのハラハラする戦いもあり、マーベル感UP!

シリアスも面白いですし好きですが、こういう展開もマーベル作品としてはあってて欲しいし、ファンとして嬉しい。

 

前半は、リードとローナを刑務所から救出するための作戦会議がミュータントたちで繰り広げられるも、潜入→脱出という経路に絶望的な予測の結果しか導き出せない。そんななか、それでも強行突破しようとしていたミュータントたちのところへ唯一の一般人(という言い方も変なんだけど、こう呼ばせてもらいます)のママが目からうろこの提案をしてみんなそれに乗ることに。

移送中を狙うという一発逆転が可能な案。

おー、確かにそれが一番警備が緩む。ママ、愛するパパを助けるために頑張る。

 

そして、その移送の情報を得るために、抜けたはずの過去の組織を頼ることにしたマルコスを心配するジョニー。

いかにもな酒屋で、いかにもな女カルメンが登場。

『捨てた女に、今の女を助けたいから力を貸して欲しい』って言っちゃうのすごいよね。

かなり危機的状況とはいえ、これはこれでカルロスのローナに対する愛だけど、捨てられたカルメンにしてみたら、『バカにすんな!』って思うでしょ、普通に。

いや、わたしは思った(笑)

これはもう本当に、カルメン的に過去の男だったら完全に追い返してるパターン。

知ったこっちゃないもんねー。闇組織とはいえ、愛し合ったこともあるのに不義理した男のことなんか。

カルメン、もうどうでもいいとか口では言ってたけど、まだカルロスのこと未練あるんだね。って思って、本題とは別にちょっと切ない気持ちに(笑) しかも、嘘じゃなくて本当の情報くれたし。『呼んだら来い!』も会いたいからだよねー。

組織的な問題だけじゃなく、女も絡ませてくるなんてうまく話ができてますよね、ほんと。

女がらみの件でもう一つ。ジョニーといちゃいちゃしてる記憶を入れられたクラリスは、言われるまでもなく本人が自分の記憶じゃないと気付きましたよね。

よくよく考えても2人の記憶がその記憶だけしかないのおかしいもん。

 

 

なにしろカルメンのおかげで情報も得て、移送の日取りもわかったわけなんだけど、その一方、刑務所内で隣の房に入れられたリードとローナがきちんと話し合う機会も得られたちょっと無理やり展開。だけどそこはよしとしよう! マーベルだし(笑)

ローナが、リードを責めたてていたけど反論の余地なしの責めっぷり。

落ち込むリード。

 

今はミュータント寄りの感情になって観てるからリードに腹がたつけど、自分がリードだったら今までのことは当然の行動だと思うんだよね。知らないってそういうことだと思う。

責めたてられはしたけど、感情をぶつけられた関係っていうのは、全くの他人よりは進んだ関係だと思うから、これは結果オーライ。今後、助け合うフラグ立った(笑)

 

そして、今回のエピソードのメインの救出劇。

これはかなり面白かったですね!

子どもだからと救出メンバーに入れられてなかった、アンディとローレンも二人の力を合わせることにより、有効活用できることになったし。

そしてこのギフテッドっていうドラマ、それどころじゃないのにちょいちょいファミリー問題出てくるの面白い。

 

母が子供を守りたいがために見境なくなっちゃったり、理不尽に叱ったり、子どもだと思っていた子が思いのほか成長していてびっくりしたり。

姉のローレンはイケイケの学生だと思っていたけど、本当にいざという時に頼りになる長女です。ケイトリン、しっかりいい子に育てたな!

でも、絶対心折れるときがくるのでそんときはよろしく(笑)

 

救出劇はドタバタだったけど、まさかミュータントの力を封じ込められるミュータントが居たとは驚きました!

透明人間になれちゃういい人そうだった人も撃たれて瀕死だし、

力が使えないんじゃ絶対絶命じゃん!

ってかなり焦ったけど、まさかそいつを失神させるだけで大丈夫とは思わなかった(笑)

 

注射を警察にぶっ刺したり、車でかけつけたり、一般人ながら頑張るママ。ミュータントたちの力が戻ったりしてみんな頑張った。

金属がないと力が使えないのは知らなかったけど、ローナやっぱり最強ですね。すごくかっこよかった。

海外ドラマあるあるだけど、妊婦にあんまり無茶させるのよくないですよ(笑)

 

ハラハラしたけど、なんとかローナもリードも助け出して感動の再会(涙)

 

 

そして、そんなギリギリの逃走劇の中、これはもうアメリカ人だから仕方ないのかもしれないけど、

ハグとかキスは後にしてっ!!

その1秒だよっ! その1秒で事件が起こるかもしれないからっ!

って思っちゃいますよね。日本人としては(笑)

でも、みんな集合できて本当によかったー。

 

感動の再会の続きは来週に続くとなりましたが、早く続きが観たいです。

 

 

第5話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

www.meganetamago.com

 

 

<スポンサーリンク>