たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

ザ・ギフテッド シーズン1 第11話 感想 一言で言うと三つ子怖すぎ(笑)

 もう第11話なんですね、途中オリンピックのカーリング応援があったりで、中休みしてしまったのですが、その間にちょっと中だるんでいた話が盛り返していました。

前回のラストで登場した三つ子。美人三人ってなんか怖い。

例えば、あの三つ子がわたしだったら、多分そんなに怖くないと思うんですよ(笑)

 美人でスタイルがいいので、余計恐怖心を煽られるんだと思うんですが、シーズン途中で方向性がガラッと切り替わったギフテッドですが、どういう方向に進んでいくのでしょう。(そして、シーズン1は第何話までなのかわからないまま観ているので後で調べます(笑))

 

meganetamago.hatenablog.com

 

第11話は、その三つ子に絡む話でしたが、ニューキャストも登場してますます話がこんがらがる感じでした。

 

※以下、ネタバレありの感想です。

 

冒頭、2年前に彼氏とデート中だったクラリスの悲しい事件の回想があって切なかった。ミュータント排除過激派組織(?)の人の手によって、ミュータントというだけでデートを邪魔されたうえ彼氏に裏切られ、車を破壊され命を狙われるクラリス

すごい極端だし、クラリスが優しい子だってこっちは知ってるし、(なんてことすんの!ひどいっ!)て思うんだけど、日常的に多かれ少なかれこういうことってあるなーって思った。ある意味、マウンティングみたいなものだし、幼稚な言い方すると、個性的で目立つからいじめてもいいみたいな。

 

そして、前回のエスメと他2名の三つ子がミュータント移送をめちゃくちゃにした件で死んだ警察官と、トラスク・インダストリーの博士に殺されたソニアのお葬式のシーンが交互に映されて、それぞれの立場による考え方の違いを見せつけられる。

みんな自分が一番大事だし、自分が一番幸せでありたいし、その為には価値観の違う人や幸せな暮らしを邪魔する人は排除しようみたいな形でお互い落ち着いてた。

どこまでいっても平行線だし、そこは話し合いとかではもう解決できないんだろうな。

納得もできないし、色々辛い。

そして、ソニアが死んだことがかなり辛い。

闘いの最中に死んだとかならまだ納得できる部分もあるんだけど、すごい理不尽だし、命として見られていない殺され方だったから。

普通に、SF作品に見せかけて人間の心の闇に切り込んでくるからこの作品はすごい。

 

そして、ソニアの死を目の当たりにした姉弟のきょうだいが闇落ちする中、リードとケイトリンがまた勝手な行動に出てメキシコに向かおうとするわけだけど、まず、ソニアの死を自分たちのせいだと思っている子どもたちの心のケアをしようぜ。

警察に捕まって変な研究施設に閉じ込められたあげく、自分たちを動かす脅しの材料に使われた仲間がひどい殺され方をしたんだよ?

いくらその場にいなかったからと言って、両親ともに想像力なさすぎでしょ(笑)

あの場から引き離せばいいってもんでもないと思うし、ひとまずちゃんと話そうよ、って思いました。

しまいに、引き留めにも応じず、勝手に出ていくことにした家族が出先で襲われてしまったのに助けに来てくれたジョン一行。

みんな優しいからリード夫婦があんな風になっちゃうんだなって思った。

 

でも、今回ウェスたちや、リード一家が居た隠れ家を警察にリークしたのは三つ子たちのようですね。

三つ子たちがいる組織はなんなのか、一体どんな組織なのか。

そしてあのボスは?

 

あんなに力を持っている三つ子たちが、なぜほかのミュータントたちの力を必要としているのか。人の心も操れるし、最強の気がするけど、それでもまだ欲しい力があるってことですよね。狙いはローレンとアンディのきょうだいなのかな。

ローレンとアンディのルーツが最強のテロ犯だったってことを知ってて近づいてきたっぽいし。でも、そもそも、ローレンとアンディの先祖の双子のきょうだいがテロ犯だったっていうのも怪しいと思っています。

歴史って、だいたい生きてる人に都合よく切り替わって受け継がれるものじゃないですか。戦国時代の日本のエピソードなんて特にそうで、戦に勝った方が、自分たちに都合よく史実を捻じ曲げて伝えているなんてよくあることだし悪者に描かれているけど、悪者じゃなかったなんてよくある話すぎる。

そんなのは世界共通だと思いますし、かなり疑わしいのでその2人のエピソードも今後掘り下げてほしいと思います。

 

色々気になることが多すぎますが、彼女たちの狙いは、こんな言葉を書くのはこの年になって若干恥ずかしいのですが、『世界征服』とかかなー(笑)マーベルの作品だし。

今後、一般人に対する謀反を成功させて、政治家全てをミュータントにしてミュータントが支配する世界をもくろんでるとか?

 

『一般人』にも受け入れてもらえることができず常に警察に追われ、テロ組織にも協力できないジョンたちミュータントの苦悩が今後描かれる・・っていう予想でもしておきます。

 

それでは、また。

 

第12話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

<スポンサーリンク>