たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

Amazon『バチェロレッテ ジャパン』シーズン1 エピソード5までを見た、おばさんの素直な感想。

『バチェロレッテ ジャパン』シーズン1 エピソード5まで観ました。

 

わたしは人生がある程度長い女性で、社会人経験も長く、仕事柄ある程度の男性の表の顔と裏の顔を見てきたという観点から、バチェロレッテ ジャパンをエピソード5まで視聴し、最終的な本命が絞られてきた段階での感想を率直に語っていきたいと思います。

 

バチェロレッテは、バチェラーの男女逆転バージョンで、セレブ女性(?)が、結婚相手を20人弱の男性の中から最終的に一人選ぶという、盛大にお金のかかった婚活バラエティーです。

記事の後半は、もし自分がバチェロレッテのディレクターならというテレビ的な観点から、最終的に誰が残るか、ネタバレを含めて予測していきたいと思います(笑)

 

婚活をしている女性にも非常に参考になると思うので、男性を選ぶ目を養う勉強としても見てみてもいいと思うのですが、何故(どうせ、やらせ)と思いながら、ずるすると文句を言いつつ観てしまうのだろう(笑)

 


『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン1 特報予告「逆玉か、玉砕か!?」編

 

 

バチェラーに関していえば、わたしは最新シーズンのシーズン3だけきちんと最初から最後まで観ました。

ので、だいたいの流れやルールは知っていて、バチェロレッテに臨みました。

 

www.meganetamago.com

 

正直、美しいとはいえアラサー女性1名と、イケオジ好きのわたしからすると、そんなにグッドルッキングでもないイキり小僧(年齢がいっていても若干幼稚に感じてしまう)ども20名弱のやり取りは絵面がむさくるしく、司会進行の坂東さんが一番素敵でジェントル感もあり、 話題になっていたのでep1を観てちょっとお腹いっぱいになり、もういいかなぁ~と思っていたのですが、仲良しさんに猛烈プッシュされたので、しぶしぶ観始めたらエピソード5の海外編まで観終わってしまった。

 

でも、実際問題ローズセレモニーも、バチェラーの方が美人女性たちのドレスが毎回すごく素敵でファッションショー感もあって華やかで見応えがあったし、女性同士のやり取りも面白かったんだよね。バチェロレッテは、バチェラーに比べて出演者同士の話が圧倒的に面白くないし、イラッとする、こっちはもうおばさんだからさ。

 

男性よりも女性の方が、経歴や個性よりもルッキズムを重視されているのは出場者を見ていて明らかだったし、何しろ男性陣、嘘が下手すぎるので、咄嗟の質問に上手く答えられなかったりして、ちゃんと番組に出るまでの期間でキャラ設定しとけよ、あとモエコのことをちゃんと見てれば、わかる質問って思ったりして、がっかりしちゃうんだよねー。

でも、観ちゃうんだけど(笑)。

 

残り男性5名(だと思う)の中から、誰を最終的に選ぶか昨日考えていて「わたしがモエコ(バチェロレッテ)だったら~・・・・」と言いながら、答えられずに話が逸れて、しばらくしてまた「わたしがモエコだったら~・・・・」と二度目も答えられずに「誰も選べないなら無理して考えなくても・・・(笑)」っていう状況には正直なっているぐらいあまり出場者に魅力を感じていないのですが、バチェロレッテの福田萌子さんが、生粋のお嬢様な感じで生粋のお嬢様の友人がいるわたしには、親近感もわいているし、お嬢様ならではの審美眼でバサバサ男性陣を落としていく様が清々しいので、一人、いや二人、計算ぶりっこ男子が居て、モエコが騙されている(気がする)ので、やらせとはいえ、少なくともそこは見届けなくてはいけない。

 

というわけで、今後の予想も含めて広告を挟み、ネタバレ感想に入りたいと思います。

今まで落とされた人たちはそんなにたいした感じじゃなかったので、ネタバレを読みつつ6から見ても間に合いますので(笑)

 

 <広告>

 

 

※以下は、個人の見解と独断と偏見です。あらかじめご了承ください。

※バチェロレッテの福田萌子さんはモエコと表記させて頂きます。

 

現在、中国人実業家コウコウ君、ブラジルイケメンの歌手(?)ローズ(名前)くん、画家のスギちゃん、見た目は大人中身は子どもの23歳のエバンス・マラカイ君、そして、自称料理研究家の北原くんの五名の男性が残っていますが、次落とされるのは、自称料理研究家なので、最終的には、お金持ち二名(コウコウ君とスギちゃん)と、グッドルッキングガイ(ローズ君、マラカイ君)の4つ巴の戦いになると思われます。

 

自称料理研究家は、もっと早く落ちても良かったと思うし、そもそも彼本当に料理本格的にやってる人なの?

あんまり映ってなかったけど、モエコに作った親子丼の見た目~(笑)って思ったけど、モエコはお嬢様なので、出されたものを美味しく頂く姿は素敵だった。

ファーストローズを渡した手前ここまで残したのかもしれないけど、もっと早く落としてもよかったよな、本当に。

あの顔のアーティストは必ず浮気で問題起こすし(個人の偏見です)。

 

モエコは、お嬢様のたたずまいと品でセレブとされていますが、本人に自由に使える収入がどのぐらいあり、彼女が結婚相手に収入とステータスを求めるのか求めないのか今の段階では不明なため、そこで最終的な本命が変わってくると思っています。

 

子どもを持ち、家庭を作りたい。

 

と、モエコは何度も語っており、おかしな家庭観や話に矛盾がある人をバサバサ切っています。

年齢的にも子どもを持つには猶予があまりないため、子どもが最優先であれば、ほぼほぼ妥当な人選であり、テレビ的にもそこそこ面白い人が残っていると思います。

 

わたしに番組を勧めてきた仲良しさんは、画家のスギちゃんが推しと言っていたのですが、個人的にはあのぶりっ子は計算だと思っていますし、もっともナイと思っている。

画家なので、自分の得意分野である絵でアピるのはいいとしても、あれは今までも女性に使ってきた手だし、そもそも最初のレッドカーペットで、モエコがモデルを生業としている(?)とはいえ、初対面の女の人のほぼヌードの絵を描いて持ってきたら、わたしならドン引きなんですが。

いくらスギちゃんが、有名な画家でそこそこ高収入だとしてもです!

 

それで、第一印象が悪かったため、その後もその印象を引きずっており、何をやってもあんまりグっとこなかったのですが、モエコのワークアウトで、運動が苦手なのに必死に頑張るスギちゃんが評価されていましたが「台湾でのモエコの早朝ランニングで五キロも走ったのに、平然としているのはおかしい、あれはやっぱり演技だったんだ」とわたしの連れ合いは言っていました。

そもそも五キロも走れない、と。

さすが普段運動をしていない人の観点は違いますね。

スギちゃんはわたしの野生の勘がダメだと言っています(笑)

 

そして、第二の本命、コウコウ君。

モエコはコウコウに惚れていると思うという仲良しさんの見解。

確かにコウコウ君はみんなに見せない顔をモエコには見せており、モエコもまんざらではない様子だし、大本命だと思う。

仲良しさんの見解はあながち間違ってはいないと思います。

本命候補だと思います。

が、しかし彼は結婚相手としては危険だと私は思います。

 

コウコウ君の家族語りを、もし婚活パーティーで、初対面の男に言われたらだいたいの女性は候補から外すんじゃないでしょうか。

「両親が初恋同士で今もすごく仲が良くて憧れている」

という口説き文句を正直わたしは、嫌だー、地雷ーと思った(笑)

ザコンの可能性がすこぶる高いし、自分と家族を天秤にかけたときに、自分に味方をしない可能性が高いと思った。

この話をロマンチックに感じて結婚しそうになるのは、20代までだと思うし、モエコは30過ぎていて、それなりに色々経験してると思うんだ。

 

そして、もしモエコの家が本当に日本の有数の資産家だとしたら、ローズ君が売名とコウコウ君にののしられていたけど、自分だって、日本のセレブとコネクション持ちたいんじゃないのー? とは思ったし。

そして、元からちょっと、モラ気質があって嫌だなと思っていたけど、ローズセレモニーの後に、みんなのところからぷいといなくなって「敵となれ合いたくない」とイキっていましたが、慣れあおうが敵対しあおうが、決定権はモエコにあるし、別に仲良くしなくてもいいけど「自分は先に部屋に戻る」と一言いえばいいだけで、構ってちゃん傾向もあるし、とにかく面倒だし、モエコにあまりメリットがないので、お金目当てじゃないのなら彼との結婚は辞めた方がいいと思います。

 

二面性のある人は、結婚するとどちらも自分に見せてくるよ。

特に悪い方を多めに見せてくる可能性が高いよ。

 

あれ? と思って、みんなと一緒にいるときのコウコウ君に探りを入れたモエコはさすがだと思いました(笑)

 

あとさ、お互いほとんど裸状態の水着で、ハグせまってくるのキモくない?

 

ローズ君はいいのに、なんで自分のハグはダメなんだとかいう発言も、えー・・・・って思った。

 

というわけで、わたしはモエコがイニシアチブを取れるブラジル、ラテンのローズ君かマラカイ君がいいと思うのですが、マラカイ君は若すぎるのでなしかな。

わたしは正論で論破してくる子どもっぽいところ意外と好きだけど、モエコの生涯のパートナーとしては弱い。

モエコの意識の高さについていけるバイタリティーが必要だから。

 

ローズ君は少なくとも今までのエピソードではキャラに統一感があるし、コウコウ君が言う『売名』に最も成功したのではないかなと思います。

まず、見た目が断トツでかっこいいし、女扱いに慣れている。

浮気は免れないと思うけど、安心感があるし、二人で並んだときのモエコとのバランスがいい。

あと、変なセクハラを今まで一度も見かけていない。

 

歌うたうのはある一定の年齢以上は知ってると思うけど「渚で彼女にラブソングを歌ってあげよう」を思い出したけど、まぁローズ君は上手いから(笑)

それでいて意外と繊細で、周りのことをよく観察していて、自分がその場でどんな行動をすれば正解なのかがよく見えているし、今回の出演者の中でキャラがブレてないのがローズ君とスギちゃんの二人なので、最終的にはこの二人の対決になるのかなー。

 

でも、もし本当にモエコがお金に困ってなくて子どもが欲しいなら、父親としてローズ君のコミュニケーション能力と顔面偏差値の高さは魅力的だよなーと思う。

子育てって、コミュニケーションが大事だし、スギちゃんみたいにピーピー泣かれても父親としてどうなのかなって思う。

絵の才能と父親の才能は関係ないから。

 

というわけで、結果的にモエコはこの中から誰も選ばないのが一番いいと思うのだけど、皆さんはどう思うのかな。

バチェラー3のバチェラー友永は、最終決戦で選んだ女の人じゃない人と、この度めでたくゴールインしたらしいけど・・・。

お幸せで羨ましい限りです。

 

というわけで、後半はわたしの予想どおりになるのかならないのか、モエコが最終的に誰を選ぶのか、また途中経過の記事を書くか、観終わってからになるかわかりませんが、その時にまたお会いしましょう。

 

あ、余談ですが、ストールンローズ失敗したなんとか沢さん、最後まで名前覚えられませんでした!

 

それでは、また。

 

 #バチェロレッテ

#バチェロレッテジャパン

 

 <広告>