たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

実写版『アラジン』は、最高のディズニー体験だった。

実写版美女と野獣を地上波でやっていた昨夜、わたしは封切初日の実写版『アラジン』をレイトショーで観ていました。
 
ちょうど昨日、Twitterのフォロワーさんたちと『わたしのディズニーランド&ディズニーシー人生、超雨女体験記』を語っていて、豪雨のため花火やパレードが中止になったりしていたことを話していたのだけど、実写版『アラジン』で、わたしは、失っていたディズニー体験を取り戻すことに成功!!
花火あり、豪華なパレードあり、歌と踊りのショーありと、ディズニーに行って思いっきり楽しんだような最高な映画でした。
 
ディズニープリンセス映画だしアニメも有名なので、ネタバレとかあらすじは気にせず以下書き進めますので、ご容赦ください。詳しいことは上記公式サイトをご覧ください。
 
 
とにかく、今回の実写版『アラジン』に対しては文句が一つもない。
最初から最後までずっと楽しい。
ジーニーが出てきてからは特に楽しい。
わたしは魔法にかけられてが大好きだけど、ディズニープリンセス映画実写版としては今のところ一位になってしまったかもしれない。
ストーリーは、シンプルで、すごくよくまとまっていて中だるみがない。
プリンセスの強い信念と、ジーニーの今までのご主人さまたちを観てきての人間の欲深さに対する教育的側面はさすがディズニーという感じでしたが、ウィル・スミスのキャラクターでいつもの説教くささが薄まっていたし、音楽ももちろん素晴らしくホール・ニュー・ワールドのシーンは最高。
 
アラジン(メナ・マスードは、フレッシュで心優しくハンサム歌声も透明感があり、ダンスもうまい。アラジンの心のピュアさに自分のどす黒いお腹を反省することになる。
ジャスミン(ナオミ・スコット)は美しく、力強い。古い女性に対する慣習に立ち向かう、現代版ディズニープリンセス
ジャスミンの侍女・ダリア(ナシム・ペドラド)もストーリーの中で重要なキーマンとなっていて、悪役のジャファー(マーワン・ケンザリ)も、アラジンのピュアぶりとジーニーのキャラクターで影が薄くなりがちですが、これから観る方は、よくよく観てください。ものすごくかっこいいです(笑)
 
そしてウィル・スミスのジーニー!!
個人的に好みが分かれそうになるジーニーではあると思いますが、わたしは大好き。
ウィル・スミスの人のよさが現れるかわいらしいジーニーです。
そして、ウィル・スミスが演じることによって加えられたと予想される、ジーニーの歌パートがヒップホップアレンジだったのがすごーくよかった。ノリノリになれました。
サントラ欲しいです。
 
アニメ版のジーニーはロビン・ウィリアムズが演じていて、それもすごくいいのですが、どっちもいいです(笑)
ウィル・スミスのジーニーは、アラジンを導く存在というよりも友達的側面が強く、2人の友情物語という面でも感動できました。
ウィル・スミスとロビン・ウィリアムズジーニー、どっちでもいいから、ランプとともにわたしのところに来て、そして願いを叶えてくれ!
いや、最悪願いを叶えてくれなくてもいいから、友達になるだけでもいい(笑)
 
物語に花を添える、ディズニー映画にはお約束の動物たちと、擬人化されたキャラクターも文句なし。
アラジンの相棒、サルのアブーは、見た目普通におさるさんでありながら、キャラが立っていてアラジンの親友としてきっちりとその役割をこなし、愛嬌があって可愛い。
ジャスミンの相棒、虎のラジャーはものすっごくかっこいい。
原題CGブラボー!という言葉しか出ない。
魔法の絨毯は、ドクター・ストレンジのマントのようなキャラ(笑)
どれも素晴らしかったです。
 
あ、余談ですが、アラジンに出てくる魔法の絨毯って多分ペルシャ絨毯ですよね。
ペルシャ絨毯と言えば高級絨毯の代名詞。
実は、魔法の絨毯が出てきてから心が汚れているわたしは(あれはいったいいくらぐらいのペルシャ絨毯なんだろう)と雑念が入ってしまいまして(笑)
昔ながらの製法で作られているシルク、人が2人乗れるぐらいの厚みがあり細かい模様が入っていて・・と考えていたのですが、ペルシャ絨毯の価格帯、ピンキリすぎてなんとも言えない。
今回の実写版アラジン柄の本物のペルシャ絨毯とかてきたら石油王がわたしが死ぬほど悩んで三千円の安売りラグマットを買うぐらいの勢いで、さくっと買うのかと思うと羨ましい。昔は、ダサいと思っていたペルシャ絨毯柄のラグマットが猛烈に欲しくなりました(笑)
 
インド、中東などが織り交ざった物語の舞台と、衣装の美しさも素敵で。
ジャスミンのエメラルドグリーンのドレスは、こういうアレンジかーっっ!!と衝撃が走りました。
ものすごく美しいドレスでした!
ディズニーが総力とふんだんな予算をかけて、実写化映画を作るとこんな楽しく美しいものが観られるんだなぁと大感激の映画です。
ディズニー大好きな方は、是非観に行って頂きたいです。
 
今回の『アラジン』。
文句がなさ過ぎて、感想がものすごく薄ーくつまらなくなってしまっていることはご容赦ください(笑)
本当に、完璧だったため書くことがあまりないのです。
ラストもすごくよかったので、素晴らしかったの一言で終わってしまう(笑)
 
最後に、今回の予告で、次のディズニー映画であるライオン・キングの予告、今までで一番長いものを観られたのですが、CGヤバいっす(笑)
ライオン、すごい。
ハイエナの集団のシーンとか、迫力すごそうで今から楽しみでならない。
 
今回のレビュー、明らかに語彙力が喪失しています(笑)
今日にでもリピートしたいぐらい素敵な映画でした。
皆さんも是非劇場に足を運んでください。
 
というわけで、それではまたー。
 
<広告>

 

 

 

 

 

<広告>

  

アラジン オリジナル・サウンドトラック(英語盤)

アラジン オリジナル・サウンドトラック(英語盤)