たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

『ジュマンジ/ネクスト・レベル』が最高に面白かったのでもう一度観たい。

どうしても観たくて仕方がなく気持ちが盛り上がっていましたが、時は師走。

年内無理かな・・と思っていたのですが、もともとの予定がキャンセルになったのをいいことに 観てきちゃいましたー。

 

ジュマンジネクストレベル』。

 

わたしがIMAXで観られるチャンスが公開直近の週末しかなかったことと(おそらく、スター・ウォーズアナと雪の女王2の関係で、ジュマンジは12/19までと明記されていた・・。いくらなんでも早すぎない?)、ついでに美味しいビリヤニもそろそろ食べたかったので、IMAX遠征してきちゃいました。

 

結果、大満足!!

 

f:id:meganetamago:20191216113629j:plain

公式サイト

ちなみに、けっこうネタバレ満載なので公式サイトはあんまり見ないほうがいいです。

ところでジュマンジのテレビCM、なんで加山雄三なの?

若い人は(誰?)って人もいると思うし、わたしですらそんなに存じ上げないくらいなのにどこの世代に向けてるの・・?(笑)

 


<加山雄三が泣いた>編 『ジュマンジ/ネクスト・レベル』15秒予告 大ヒット公開中! #ジュマンジ


と思っていたのですが、結果的にこのCMは成功していたんじゃないでしょうか?

わたしよりはるかに年齢層が高いご夫婦が何組か観に来ていましたし、内容的にシニア世代にもヒットするストーリーでした!

この後、年末年始に向けて大作が控えているため、日本では知名度も薄いうえ、シリーズ三作目ということで公開があっという間に終わりそうなので、ぜひ世代を超えたご家族連れでクリスマス映画として楽しんでいただけたらと思います。

もちろん、カップルでも友達同士でも、もちろん一人でも全然楽しいと思う。

わたしは最高に面白かったけど、そんなに混まない気もするし(涙)。

 

<広告>

 

 


 

 あらすじを書こうと思ったのですが、そんなにストーリーらしきストーリーはないんですよね(笑)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(前作)で、高校生だった主人公が、こじらせた大学生になりゲームの世界に入ってしまって、それを助けようとジャングルの仲間が集結するうえ、新しい人もゲームの中に入るっていう。

そして、ゲームクリアを頑張るだけ。

ほかに、そんなにストーリーはない。

でも、テーマはある!!(笑)

前作と同じで、今回も友情がテーマです。

 

ジュマンジネクスト・レベル』を観に行く前に、前作ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングルの感想を書いたんですけど、その時は、先に最新作を観てもいいかも?とか言っていましたが、絶対予習したほうがいいです。

元祖ジュマンジは観なくても全然いいのですが、2作目は必須だと個人的には思います。

 

※『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の感想はこちら

www.meganetamago.com

 

今なら、Netflixで配信されているし、Amazonプライムビデオでもレンタル100円です!

字幕、吹替ともに100円でしたが、いつまで100円なのかはわからないので、お早めに。

100円でレンタルしておけば1か月の間であれば視聴開始は後でも構わないシステムなので。

 

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (吹替版)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (吹替版)

  • 発売日: 2018/06/27
  • メディア: Prime Video
 
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (字幕版)

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル (字幕版)

  • 発売日: 2018/05/25
  • メディア: Prime Video
 

 

というわけで、今回の最新作は、前作の基礎知識がわからないと本当に何がなんだかわからないと思う。

 一応説明はあるんですけど、前作を観ている前提で今回の作品は作られていると感じだし、前作を観ているからこそ大笑いできたところもかなりあった。

前、後編みたいな形と思ってもらってもいいかもしれないです。

もう、年内は劇場に行く暇がなくて、ジュマンジまだ未見の人は、ウェルカム・トゥ・ジャングルだけでもいいから観てほしいぐらい個人的には気に入っている作品になりました。

そんなに面白いか? と聞かれると、特に壮大なテーマがあるわけでもなくストーリーもありていなんで、一般的にはそうでもないかも・・と思わなくもないのですが、人の善意と優しさでストーリーが成り立っている作品が大好きなんです。

 

そして、娯楽映画としての役割をしっかり果たしている。

わたしは今回IMAX3Dで観たのですが、4DXで観てもかなり楽しめそうだと思いました。

そういう楽しめる映画です。

ゲームの中に入るという趣旨の作品なので、映画の中の人物は映画のプレイヤーですが、IMAX3Dはまさに没入感がすごくて、おそらく映画のハイライトであろう某シーンは、自分もゲームの中に入ったような感じで楽しめたし、心臓に悪かった(笑)

アクションシーンもかなり派手に描かれていて、SF感もありつつ、たくさん出てくる動物の描き方も素晴らしくて、テーマパーク的な楽しさを味わいつつ、うひゃうひゃ言っている間に(え?もう終わり?)ってなってしまい時間が経過するのがすごく早かったです。

前作は劇場で観られなかったので、本当に今回観られてよかったです。

家のテレビで観ていたら公開しているところだった。

 

キャストとしては、ほぼ前回のキャストを丸々引き継いでいましたが、新キャストも何名か登場していました。

まったく同じキャストで違うストーリーというのもよかったかもしれないけど、今回のストーリーとしては必要なキャストだったし、最終的には前作のファンへのファンサービスも盛り込まれていたので満足です。

新キャラのクライマックスあたりはテンション上がって、思わず(おーーーーっっ!!)という感嘆の声が上がりました(笑)

あと有名海外ドラマゲーム・オブ・スローンズでハウンドを演じていたロリー・マッキャンがご出演されていて、ゲースロ好き、ハウンド好きとしては嬉しいサプライズ。

 

女戦士役のカレン・ギランは相変わらず人間離れしたスタイルを披露していましたが、前作でも十分細かったのに、撮影に照準を絞って絞りすぎたのかそれでなくても布地の少ない衣装をぶかぶかに着こなしておりやせすぎ感があったので、ちょっと心配になりましたが・・。

ドウェイン・ジョンソンの、気は優しくて力持ち感も健在です。

相変わらず腕は丸太です(笑)

二作目ということもあり、チームワークもいいし、観ているこっちもキャストに愛着が湧いているので楽しく見られました。

加山雄三が言う「今までで一番泣いた」は誇張だと思いますが、じんわりはきます。 

 

一つ、残念だったのは、ランダムで1枚だけもらえるIMAX特典ステッカーが推しのカレン・ギランじゃなかったことです・・・。

なんであんなに種類たくさんステッカー作ったのよ。(全部で7~8種類ぐらいあった)

集合体一種類でよかったのに。

せっかく特典もらったのに、 よりによって、なんでこのステッカー?っていうがっかり感半端なかった(笑)

 

というわけで、次回IMAX『CATS』を予定しています。アナと雪の女王2はどうしよう・・)

CATS(劇団四季版)は何度か観劇に行っているのですが、一生忘れられない個人的な猫との恥ずかしい思い出がありまして、CATSのレビューではそのことも絡めて感想を書けたらいいなと思っています。

ムビチケ特典で、チケットホルダーもらったんですけどとても可愛かったです。

まだ今なら特典あると思うので、ファンの方はお早めに。

あと、IMAX特典があるなら、ポスターがいいです(笑)

 

ジュマンジについては、ネタバレでいろいろ書きたいところですがまだ観ていない人もたくさんいると思うので、このへんで。

もうIMAXでは観られないと思うので、見とおいて本当によかったです。

普通のでもいいから、できればもう一度公開が終了する前に観られたらいいなー。

 

気になっている方は早めに劇場へ!

それでは、またー。

 

<広告>