たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

第93回アカデミー賞/主演女優賞フランシス・マクドーマンド主演 HBOドラマ『オリーヴ・キタリッジ』。

 去年はアカデミー賞の予想記事書くのすごく楽しかったなー(涙)

 

↓ この記事を書くわたし、すごい楽しそうじゃん・・・。

 

www.meganetamago.com

 

今年は速報を追っていたけどノマドランド』『ミナリ』も、ディズニープラスに加入してるのに『ソウルフル・ワールド』も観てないありさまだったから、イマイチ乗り切れてないのがすごい悲しかった。

 

くそー、悔しい。

 

こんな状態(緊急事態宣言下)で公開延期作品も山ほどあるなかまだまだ予断は許さないけど、わたし自身は断然去年の今頃よりは心身ともに元気なので、来年こそは、予想記事を楽しく書きたい。

 

なんなら、今年もまったく未見のまま予想記事だけ書いてもよかったよね。

何個か当てられたのでは?(笑)

 

そうはいっても、1月にはその気力がなかったし今更書いても今年の分は後出しじゃんけんになってしまうので結果を受けて第93回アカデミー賞の個人的な感想。

 

まずは、アンソニー・ホプキンス御大、主演男優賞おめでとうございます!

 

わたしにとって印象部深い作品になのでことあるごとに推していた『二人のローマ教皇の助演に続き、二年連続オスカーノミネートという大御所っぷりですが、去年の雪辱を今年の主演男優で晴らすというかっこよさ。

 

www.meganetamago.com

 

そして、主演男優賞を受賞した作品『ファーザー』。

 

海外ドラマ勢には『ザ・クラウン』『フリーバッグ』でおなじみのオリヴィア・コールマンが助演ですね。

オリヴィア・コールマンは今回のオスカーは逃しましたが、これは、演技と演技のぶつかり合い必至。

thefather.jp

 

緊急事態宣言下ですが、東京以外では予定通り公開されそうな気配。

劇場に行きたい気もするけど、最近特に劇場では嫌な目にあいがちだから配信待ちかなー、迷う。

 

 

そして、アジア人女性監督クロエ・ジャオさん監督賞&作品賞おめでとうございます。

 

去年は韓国から、今年は中国出身の監督ですね。

アジア人ヘイトが進んでいるといわれている昨今、アジアびいきでは? と言われるのではないかとちょっと心配にはなりますが快挙なことには間違いない。

ノマドランド』は、HBO作品である『オリーヴ・キタリッジ』の主演のフランシス・マクドーマンド主演だったので、配信を待っていましたが、そうですか、作品賞ですか。

そして、ノマドランドの女優さんが主演女優賞ということで、本当にめでたいですなぁ。

 

searchlightpictures.jp

 

 

今回ノマドランド』で主演したフランシス・マクドーマンドは、映画版の『ファーゴ』でオスカー主演女優賞『オリーヴ・キタリッジ』エミー賞の主演女優賞を受賞しているということで、演技は折り紙付きだしキャリアもかなりある女優さんですので今年の主演男優がアンソニー・ホプキンスなことも踏まえると、そういう好みの審査員も多かったのかなと思います。

 

そして、こちらのドラマの感想を書いたつもりでいたのですが書いていなかったようです。

 

Amazon.co.jp: オリーヴ・キタリッジ (字幕版)を観る | Prime Video

 

www.hbo.com

 

ですので、今回いい機会だしこちらのドラマをご紹介します。

 

ちなみにわたしは、AmazonプライムビデオがHBOを徹底する前に駆け込みで見ることができましたが、現在はアマゾンはHBOを撤退してしまったので有料配信となっております。

 

現在はHBOの作品は日本ではU-NEXTがまるっと配信しているので、今回のアカデミー賞の結果をうけて、早急に配信してくれることを希望します。

 

 

<広告>

 

 

『オリーヴ・キタリッジ』は、 小説をもとに作られたミニシリーズのドラマで、メイン州の港町で教師をしている女性オリーヴの人生の25年が全4話で静かに描かれます。

夫との夫婦関係、息子との親子関係、田舎町での暮らし。

 

 

感想を書いていなかった理由を今思い出した。

何を書けばいいのかわからなかったんです。

ドラマ自体は、ドラマ離れしていたわたしが完走できるほど完成度は高かったです。

ただ、 どう表現していいのかわからなかった。

 

今なら書ける!(笑)

フランシス・マクドーマンドの演技を見てくれ。

 

夫と息子に嫌味を言ってばかりで愛想がなく人から嫌われることを厭わないけど、正義感は人並みにあったりして、こういう人なんか見たことあるなっていう感じの女性を中年から老年まで見事に演じ切ってるんです。

 

思うことは、人生の悲哀。

 

不器用にしか生きられない一人の等身大の女性の姿が画面の向こうに映し出されていた。

人から嫌われていると思っていたけど誰かには好かれていたり、逆に好かれていると思っていた人に嫌われていたり。

知らない間に誰かを助けていたり助けられていたりそういうのが人生だっていうのが細かく描き出されていて、何もない田舎町の美しさも画面に際立った。

 

そして、わたしはオリーヴを見ながら自分の母を重ねていたように思う。

なので、息子の気持ちがよくわかり辛い部分もありました。

 

ですが、それをもってしても、ある程度年齢を重ねた女性にはどこか刺さるところがある作品じゃないかなと思います。

 

なんとなく生きる強さみたいなものも作品から感じられる。

幸せの是非みたいな哲学的な作品。

 

とにかく、フランシス・マクドーマンドの演技はすごいと思ったので、ご興味のある方はぜひご覧になっていただきたいです。

配信されてるところあんまりないけどねー(笑)

 

 

最後に『ノマドランド』各賞受賞本当におめでとうございます。

 

<広告>