たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

今週のお題【もう一度見たいドラマ】『アンティーク~西洋骨董洋菓子店~』ケーキにまつわる数々の物語。

今週のお題「もう一度見たいドラマ」

 

はてなさんは、定期的に今週のお題「もう一度見たいドラマ」を入れてくるのですね?

昨年の7月に書いた過去記事が、まだ定期的にアクセスがずっとありますので、さすが需要のあるネタというのをわかってらっしゃる。 

 

www.meganetamago.com

 

というわけで、最近ブログ無精しているわたしが乗っからない手はないし、ちょうどすごく観たいドラマがあるので再び登場しました!

 

先日、フォロワーさんと、よしながふみの『西洋骨董洋菓子店という漫画の話になり、漫画を読み返していました。

改めて読み返してみると、やっぱり繊細でヨダレが出そうな細やかな文言と美しいケーキのお姿。

モノクロの漫画なのに色が見えそう。

 『きのう何食べた?』でも思っていたことだけど、作者本人の食への探求心と、読者への訴求力が半端ないです。

 

 

うちにある蔵書は、おそらく中古で購入したもので、上記文庫ではないコミックスを何度も読み返しているので、まー、びっくりするぐらい傷んでた(笑)

ブ●ク・オフなら確実に返されるレベルなので、持っていくことすらしない逸品ですが、読めはするので売りはしないですけど、逆に新しいの欲しくなった。

そして、傷むのわかってるけど、好きな作品はなんとなく紙で読みたいから、懲りずに電子版じゃないやつ。

 

ところで、よしながふみといえば、実写化されている漫画が数多くありますが、最近ではシロさんとケンジの中年男性二人暮らしの食事を描きながら二人の日常の些細な幸せと時折訪れる人生の節目を淡々と綴るきのう何食べた?が実写化もあり、メガヒット。

わたしも漫画は刊行された当時から読んでいますが、映像は挫折しました。

基本的には"本”が好きなので、漫画であれ小説であれ、特に好きな作品に関しては、実写化に納得する作品は少ないタイプなのですが、よせばいいのに観てしまう。

そして、これを書くのによくよく思い返していたんですけど、

 

(わたしの”よしながふみ”は、アンティーク(ドラマ)からだったんじゃないか・・・)

 

と考えていました。

 

どうしても、よしながふみを何でデビューしたか思い出せないんです。

 

そして、ドラマを観ている時は、設定に疑問を抱いていなかった(ような気がする)ので、ドラマから入ったんじゃないかという結論に至ったわけです。

 

後から原作を読んで、

 

原作の設定変えてるじゃんっ!!!

 

って怒り狂っていたような。

 

そうなんです、普段の自分だったら原作設定を変えてることに怒り狂って観てない気がするんです。

このドラマに関しては、ケーキが好きなこともあり、毎話楽しく観ていたので、おそらく、当時はよしながふみの存在を知らなかったのではないかと思うんです。

 

その後、よしながふみとのご縁は、一生ものとなったので、このドラマには改めて感謝申し上げたいのですが、現在こんなにVODが飽和状態なのに、独鈷も配信していない。

有料レンタルすらしていない。

月9で割と高視聴率だったのに、お膝元のフジテレビオンデマンド(FOD)ですら、配信してないー、何故だっっ(涙)

 

 ※円盤は中古なのに高い!!

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~ DVD-BOX

アンティーク ~西洋骨董洋菓子店~ DVD-BOX

  • 発売日: 2002/03/20
  • メディア: DVD
 

 

 たぶん、ドラマはリアタイで1度しか観ていなくて、その後よしながふみにドはまりし、ほとんどの作品を読み漁った今、実際にドラマを観た自分がどう思うのか非常に知りたいので観たいんですが、観たいんですがっ!!

 

というわけで、もう少し、ドラマを掘り起こすのにお付き合いください。

 

<広告>

   

 


 

 

アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜 - Wikipedia

 

のページを見てみても、特にやらかした人も居なそうだし、なぜ配信しないのFOD!!

タッキー、椎名桔平藤木直人阿部寛という、若い青年といい頃合いの年頃のグッドルッキングガイ3名のメンバー中心のドラマの何がいけないの?

やっぱり、主演のタッキーが副社長&(子会社の)社長だからなのっ!?

 

若かったわたしもあれから約20年経っているわけなんで、面白いと思うかどうかは別として、椎名桔平のギャルソン姿と声が素敵で、ケーキが、ものすごく美味しそうだったという記憶しかなかったことが判明。

さすが、イケオジ好き。若いときからイケオジしか見てなかったんだわ(笑)

 

えなりかずきのこととか、小雪のこと全く覚えてないです。

 

あとさー、ミスチルの楽曲こんなに使ってたんですか?(笑)

もはや、ミスチルのMVドラマみたいじゃん!っていうぐらい、激しい使われ方してるけど、ドラマの邪魔してなかったのかな。

き~みぃがぁ~すきぃ~ はなんとなく記憶にあるけど、正味45分ぐらいのドラマでこんなにミスチル入れ込める? ってぐらいの激しい使われ方してるけど・・・。

 

あー、確認したいなーーーー

 

 

そして、やっぱり納得できないので言っちゃう、言っちゃうよ!

ネタバレしちゃうからねっ!

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

天才パティシエの小野(演:藤木直人)の設定が原作では、魔性のゲイで、行く先々で仕事仲間と問題を起こしまくって、ケーキ業界を荒らしまくって、腕はいいのに干されている・・・という非常に興味深いキャラクターなのに、極度の女性嫌いから、過去に問題を起こしまくっていたに変えられていたのだが、観ているときは印象に残っておらず当時売り出し中だった(?)藤木直人のイメージ戦略にも関わる問題(?)だし、演技力も追い付いてなかったのかもしれないけど、無理がある、無理があるよっ。

職人なのにそんなに問題起きるか? 単なるコミュ障じゃんか。←記憶にないのでわかりませんが・・・。

 

小野くんは【魔性のゲイ】を発動させなければ、腕は超一級品で物腰も柔らかく、人当たりもいい、色々あって達観はしてるけどすごい出来た人物なんですよ。

 

当時は出来なかったかもしれない。

 

でも・・・今ならできる、今ならできるよっ!!

まんまの設定で出来るよっ。

 

もはや、リメイクでもいいから元の設定を生かした映像化を希望したいなー・・・。

 

エンタメ業界の偉い人きのう何食べた?のおこぼれのチャンスじゃないですか?

 

というわけで、ご検討よろしくお願いします。

 

クリスマスも近いということで、ケーキのドラマのお話をお送りしました。

それでは、また。

 

<広告>