たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

ストレンジャー・シングス シーズン1 第2章『メープル通りの変わり者』感想 第一話より色々とよくわかってきて俄然面白くなってきた。

ストレンジャー・シングス シーズン1 第2話 感想です。

タイトルの『メープル通りの変わり者』が、エピソード全部観ても、なんのことなのか誰のことをさしているのか全くわからなかったのですが、キャラクターたちが馴染んできて、顔と名前が一致して話もさくさくテンポよく動いてくれるので、俄然面白くなってきました。

 

 第1話の感想はこちら ↓ ↓

 

www.meganetamago.com

 

 今回のエピソードの中心で、少年チームのリーダーとして失踪した友人と、森の中で出会った少女【イレブン】を救おうとかなり頑張ったマイク役を演じているフィン・ヴォルフハルト君。

f:id:meganetamago:20190109114752j:plain

名前と顔立ちの通りフランス系とドイツ系の血を引いているカナダ生まれの子です。

 

海外ドラマや洋画の観すぎで、最近は、人種に対してグローバルな目線までも養われてきてしまいました。そのおかげで今までも特にそういう人種に対してどうこうという意識を持っているつもりはなかったし、そもそもあまり深く考えたこともなかったのですが、有名なディズニーソング【小さな世界】や、世界的有名チャリティーソングWe are the World的なことが意識に芽生えてきてしまった感があります

何系っぽいルックスの人が好きとか好みはもちろんありますが、何人(なにじん)だからどうとか元々思ってなかったような気がするけど、意識するとしないとに関わらず少しは思っていたかもしれなくて、そういうことを最近本当に思わなくなったし、個をみる感じになっているなぁ思う今日この頃です。

わたしが地球の中でたった一人、人種の壁を取り去ったところで特に世界が変わるわけでもないですが、【いろんな国のいろんな人を知ることは、大人になってからでも意味がある】と感じるので、世界中の老若男女たち、もっと海外のドラマや色んな国の映画を観よう!というオチです(笑)

 

だいぶ話が、フィン君から逸れてしまいました。ごめんなさい。

話を戻しまして、フィン君は2002年生まれなので、2016年シーズン1公開時の撮影年齢はやはり12~13歳と役柄と同年齢。シーズン1の時点ではこんなに愛くるしいですが、今年7月配信予定ストレンジャー・シングス シーズン3』の撮影時は高校生ぐらいの年齢だと思うので、どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。

サム・ライミ監督スパイダーマンシリーズが好きで、俳優活動のほかに音楽活動も精力的にやっているようで若さを堪能しているようで羨ましいですね!

怖そうなので避けていた『IT/”それ”が見えたら、終わり』も、わたし自身、ホラー自体割と平気なことが最近わかってきたので、彼が出演しているということで観てみたくなりました。【それほど怖くないのにホラーを観る】という行為に、意味があるのかどうかは少し疑問なのですが(笑)

フィン・ヴォルフハルト - Wikipedia

 

ストレンジャー・シングス』シーズン1第2話は、失踪した友人ウィルを探している最中に森の中で少女と出会ったマイクたちは、とりあえず少女をマイクの家に匿う。

ウィルの母ジョイスは、ウィルからの電話中に壊れたと主張する電話を買い替えウィルからの連絡を待つ一方、ウィルの兄ジョナサンは、独自にウィルの捜査を行う。

警察署長のホッパーは、ウィルの捜査中に少女を保護していたレストランのオーナーが自殺の死体で発見されたと報告を受ける。

 

※以下、ネタバレありの感想です。

 

わけわかんないまま終わってしまった第1話とはうって変わって、テンポよく次々新しいことが起きて新事実が明かされる展開いいですね!

まったりしたストーリー展開、夜に観てると寝ちゃうんで(笑)

 

今回は、少年たちの中でマイクがメインで描かれましたが、マイク、すごくよかったです。森で出会った少女をとっさに匿い彼女に名前を聞いたところ、腕に掘られた記号的な【011】という焼印のようなものを見て、気を使ったのか純真無垢なのか「タトゥー、初めて見たよ! イレブン(eleven)を略してエルと呼ぼう」と返したのは、その前に「自分はマイケルを略してマイク」というフリがあったにしろ、見るからに”何か事情のある少女”に対しては100点の返しだったのではないでしょうか。

その後のエルに対する紳士的な対応と、おちゃらけ担当と神経質な友達をうまくまとめつつの行動は姉のナンシーと同じ親から生まれたと思えない機転の良さと天使ぶり。

というわけで、姉のナンシーは同じ女として【こういう女いるあるある】が過ぎて、子ども相手にどうしても大人げなくイライラしてしまう(笑)

 

弟が行方不明になったジョナサンにパフォーマンスで優しく声をかける偽善ぶりと、目的がハッキリしている男の家に幼馴染のバーバラを友情をチラつかせて手下扱いし、アリバイ作りと足がわりで無理やり連行したあげく、自分のせいでバーバラが怪我をしたのに先に帰れとはさすがにないな、と。わたしがバーバラのお母さんなら、ナンシーとは距離を置くようにはっきり言ってたのになぁ、そしたらこんなことにならなかったのにと思って、くやしくてならない。

第1話からナンシーにはイラついてたけど、やっぱり今後の展開の伏線だったなぁ・・とは思いましたが、それにしてもバーバラに対する態度がひどすぎてかなりムカつきました。偶然にもジョナサンが撮影していたあの乱痴気騒ぎの写真が今後、失踪事件にどう作用していくのかわからないですが、とりあえず証拠撮影、ジョナサン、グッジョブでした。バーバラも消えてましたよね?

 

そして、さらにジョナサンを引っ張りますが1話ではどんな子かイマイチわからなかった失踪したウィルの兄ジョナサン。クズ親父を持ってしまったのは自分も同じなのに、弟を可愛がりバイトもして女手ひとつの家庭の生活を支えていたようですね。

性格は大人しいというか、感情をガーッと表に出すタイプではなく内に秘めるタイプのようなので、学校ではキラキラグループではないようですがいじめに遭っているというほどではない、という感じでしょうか。

まだ第二話ですが、今のところジョナサン好きですね。メインキャラではないかもしれないですが、活躍を期待してます。

 

そして、ドラマ内でのSFさも増してきました。

ウィルから母親への電気通信的なメッセージ、エルが何故ウィルの存在を知っているのか。そしてエルが超能力を持っていて、なんらかの研究施設に閉じ込められて普通の生活をさせてもらえていなかったためか、普通の子が知っているようなことを知らなく語彙力が少ないのか、それとも他に理由があるのか。

エピソード内でエルが「パパ!パパ!」と叫んでいたのは、本当にエルのパパなのか、と、謎が多すぎるなか第一話で腐海風の谷のナウシカ参照)のようになっていた研究所の秘密が気になるところではありますが、あの腐海みたいになっているふわふわしたもの正体が何なのかも、わたしが飽きてきちゃう前に早めに明かされることを期待しています(笑)

 

ウィルは、ちゃんと生きて母と再会できるんでしょうか・・。

このままだと、ウィル本人だけでなくジョイスもジョナサンもかわいそうすぎるので、なんとか会わせてあげてほしい。

 

というわけでそれでは、また。

 

 

<スポンサーリンク>