たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

『ハリー・ポッター』を一度も観たことがない私が『ファンタスティック・ビースト』を観た話。動物好き必見!

 わたし、ハリー・ポッター』シリーズ、一度も観たことがないんです。
昨今、MCUシリーズにハマっておきながら、今更こんなこと言うのもなんなんですが、そもそも映画を観るのに、ファンタジーのジャンルは選ばない方でしたし、ロード・オブ・ザ・リングシリーズも途中までは観ていたのですが、話がこんがらがってきてなんとなく離脱してしまい、ハリー・ポッターが流行り始めたころは多分すでに大人だった気がするし、なんとなーく、食わず嫌いしているうちに作品が増えて収拾がつかなくなり今更観てもという状態だったのです。
 
でも、もちろんハリー・ポッターの存在や人気は知っていますし、どんな話かはうっすら知っているつもりですが、ファンからしたら、「いや、それ全然違うし(笑)」っていうような知識だとは思います。
 
ですが、「ファンタスティック・ビーストはハリー・ポッター知らなくても絶対好きだから!」と、勧められて観てみたら、とても面白かったので、ハリー・ポッターのスピンオフ作品である、ファンタスティック・ビーストシリーズの1作目であるファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の感想を綴っていきたいと思います。
 
 
~あらすじ~
イギリスの魔法使いニュートが、魔法動物を追って1926年のNYへ船で降り立つ。
NYでは、魔法使いを管理する法を順守する魔法使いの団体、魔法使いを排除しようとする政治家が居て、魔力を持つ者と、魔力を持たない者の共存がうまくいかない状態。
魔法動物も排除傾向が進んでおり、ニュートは魔法動物を保護する運動をしていた。
そんな中、NYでは元軍隊の男性ジェイコブが缶詰工場の行員からパン屋を起業するべく銀行に融資を求めに行き、ひょんなことからニュートのトランクとジェイコブのトランクが入れ違ってしまい、騒動が起きる。
 
ストーリーとしては、魔法使いのごたごたに巻き込まれてしまう一般人ジェイコブや、どうしても魔力を自らの欲望のために使いたくなる、闇落ちしてしまう魔法使いが出て来たり、魔法使いの団体に政治が絡んだりと、なんとなくあるあると言えばあるあるな感じが否めないといえば、否めないのですが、それを上回る魅力がこの作品にはあったと思います。
 
 
まず、この第一作目の『ファンタスティック・ビースト』のいいところとしては、主人公のニュートが心優しい動植物を愛する魔法使いであり、品もあり顔もかっこいいというところではないでしょうか。一言でいえば、王子的な魔法使い。
1926年のNYという、ちょっと古めかしい時代と魔法使いの融合。
大人も、そしてちょっと成長した子どもも楽しめる世界観。
 
そして、個人的に一番特筆したいところなんですが、 わたし、動物が大好きなんですよ。
 
そういった意味の部分が一番楽しめた映画だったといっても過言ではないかもしれません。
動物好きには、絶対おススメしたい作品です。
 
次々たくさん出てくる、可愛かったり、かっこよかったりする動植物たちに夢中になってしまいました。
 
この映画のメインは、魔法使いではなくタイトル通り『ファンタスティック・ビースト』なところだと思います。
魔法動物の飼育員なんて、素敵な職業すぎる~。という憧れでずっと見続けてしまいました。
たくさんの可愛い魔法動物たちと、心を通わす魔法使いニュートン
いい大人なのに、「その職業、今すぐわたしに譲ってくれ!」という気持ちでいっぱい(笑)
 
現代CG、グッジョブ!
今の技術でなければ作り出せない美しいCGで作られた美しい魔法動物たちが、最初から最後まで魅力的すぎました。
どの動物でもいいから、飼いたい(笑)
 
 
魔法使いではないジェイコブとニュートの友情をはぐくむさまも素敵な要素のひとつであり、2人のバディ感がだんだんと固まってくいくのも観ていて楽しい部分で、脇を固めた魔法使いの姉妹、ティナとクイニーも良キャラでした。ラストも割と綺麗にまとまっていて、これはこれで一つの作品として完成されていたと思うのですが、このシリーズは5部作なんですよね。
 
今後、この登場人物たちの人間関係がどうなり、どういう風な結末に最後なるのかわからないのですが、次作以降も絶対観ます!!
 
とりあえず、『ハリー・ポッター』を知っていれば、BGM的なものもハリーのものらしきものが流れていたし、人外生物もおそらく本編で出てきている有名なものだったりと予想されるものだったり、呪文ももしかしたらそうなのかもしれないと、『ハリー・ポッター』を何作品か観ていて、予備知識があれば、もっと色々楽しめた部分はあったと思いますが、個人的には観ていなくても問題なく最後まで楽しく観ることができたので、多分今後も『ハリー・ポッター』に手は出さないと思います(笑)
 
 
次回作は、今年の11月に公開予定の『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』なので、劇場で観られるのが嬉しいです。
あの動物とか、この動物とかが劇場のスクリーンを駆け回るさまは想像しただけでも、壮観だと思います。IMAXと3Dは必須かなー。
と、考えただけでワクワクしてきています(笑)
 
というわけで、公開後またレビューします!
 
それでは、またー。
 

 

 

 

<スポンサーリンク>