たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

アイアンマン(トニー・スターク)推しから観た『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(ネタバレ満載)

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』、公開後すぐに観て、先日IMAX版で観てきました。都合二回観ました。

IMAXの巨大スクリーンで3Dで飛び回るスパイダーマンは最高で、水の描き方とか、MJとのやりとりは本当に素晴らしかったです。

ヒーロー青春映画としてはものすごく完成度が高かったと思います。

 

ちなみにスパイダーマン:ホームカミングはすごく好きで、多分7~8回ぐらいはトータルで観てるんじゃないかなぁ・・。

トム・ホランドスパイダーマン、すごく可愛いと思います。

MCUに入ってきてくれてすごくうれしいです。本当です。

FFH観た人たちの評判もすごくいいし、わたしも映画として素晴らしい出来だったと思う。エンドロール後の最後の伏線も、さすがのMCUで超驚いたし。

 

でも、二回観たらモヤモヤが倍増したの。

 

 わたしは、MCUではアイアンマンがすごく好きで、エンドゲーム以降ずっともやもやしてて、FFHを一度目観たときは、こうなんていうか無理やり自分に言い聞かせて納得してる気になってたんだけど、二回観たら一回目観た時のモヤモヤがぶり返して、家人に「自分はトニーが好きだから」ということを前提にしつこくFFHのことについてぶちぶち言っていたら、すごく嫌がられて「ブログに書けば」と言われたのでここに書くことにしました。

FFHがアイアンマンへの敬愛を表した作品だっていうことはすごくよくわかる。

エンドゲームのあとのアイアンマンファンへのファンサ作品だったってことも。

でも、伝わってこなかったんだよね。

 

敢えてFFHの記事を書いていなかったのは、普段書かないようにしている批判記事になりそうだったことと、それは解釈違いだ! っていう人と揉めたくなかったからです。それは本意じゃないし、あくまでアイアンマン愛のなせるワザだと思って読んでほしいし、スパイダーマン最高!! っていう人は不愉快になるかもしれないので、できれば、アイアンマン(トニー・スターク)を推してる人に、読んでほしい記事です。

 

ネタバレ満載だし、初見の人に向けてない記事なのであらすじなどは割愛。

以下の公式サイトをご覧いただければと思います。

 

www.spiderman-movie.jp

 

では、感情に任せたアイアンマン愛を以下にネタバレ満載で書きなぐりますので、あとは、色々と自己責任でお願いします。

 

<広告>

 

 


 

まず、何度も言うけど、わたしはアイアンマン推しなので、エンドゲームでアイアンマン及びトニーを失った時は映画館で嗚咽しました。

上半期№1号泣は、エンドゲームの初回を観た時だったし、下半期も超えることはなさそう。そのぐらい激しく泣いた。

 

ある日突然特殊能力を持ってしまった少年、ピーターをスパイダーマンとしてヒーローの世界に引きずり込んだトニーは、ヒーローの苦しさを知っていたからこそ、まだまだ子どもであるピーター側からグイグイ来ていた時は諌めていた(ホームカミング参照)。

しかし、サノスのことがあってピーターに目の前で消えられてから、ずーーーっと罪の意識を持っていた。

自分が巻き込んだから・・と、トニーが毎日思っていたことが、エンドゲームでも表現されてたけど、今回のFFHでも随所に表れていたと思う。

 

なので、エンドゲームでピーターがトニーに会えた時も、トニーの安堵感でわたしは泣きました。

そして、トニーの臨終の瞬間にその場に居たピーター。

 

今回のFFHではハッピーがオランダにピーターを迎えに行き、スパイダースーツが必要だってなったときに、機内システムが登場し、ピーターの手のひら認証がスーッと通っただけで、泣いた。

(トニーは、いつかピーターが自らの手でスーツを作る子だと信じて疑ってなかった・・)って感動した。

そして、形見として地球を滅亡させられるほどのシステムをピーターに託したトニー。

 

FFHの文句をぐちぐちいうわたしに、スパイダーマンは、子どもが挫折して、間違いに気づいて成長していく物語だから仕方ないんじゃない?」の一言でバッサリ斬られたんですけど、それにしても間違いすぎだろっ!ていう感じになってしまったんですよね・・。

わかるよ! わかる。スパイダーマンだから、そういう話だよ! 理屈ではわかるけど、気持ちが追い付かないんだ。トニーは許すと思うけど、わたしは!ってなってしまって(笑)

 

まず、トニーの形見をバーの床に落としていて気づいてなかったことが、わたしの中でありえなかったです(笑)

そこ!?

って突っ込まれたけど、そこです。

 

可愛いから許すとかない、わたし、子どもに厳しいし(笑)

『トニーの形見は荷が重いから、ついさっき知り合ったばかりの信頼できる(そうな)大人に渡してしまったミス』は、フューリーとの連帯責任もあるから、1万歩ぐらい譲って許せたとしても、床に落とすのはないわー。

 

FFHは、最初はミステリオに簡単に騙されたピーターが、最後は騙されないまでに成長した作品といえばそうなんですけど、そこはいいとしても、トニーの形見はもっと大事に取り扱って欲しかったよ・・。

 

あと、これはピーターとは関係なくストーリーの問題なのですが、「トニー・スタークに恨みを持つヴィランは、もうよくないですか?

トニー関連の話にするには一番手っ取り早いのかもしれないけど、(え? またトニーに恨みを持つヴィラン・・?)ってなったのは否めない。

それだったら、多少強引でも、トニーを愛し過ぎていたがために、死にショックを受けてトニーになりかわろうとするアイアンマンそっくりのヴィランと戦うスパイダーマンとかが観たかったわ・・。

 

愛が変な方向に行って、「アイアンマンは世界を支配するべきだったんだ!」とかいう強引な理屈で地球を攻撃してきたり。

見た目はトニーそっくりで、ニセモノだってわかってるんだけど、ピーターは、トニーを思い出して攻撃できないとかさ。

それで、最後は「もう、騙されないっ!」って、泣きながらトニーのニセモノを倒すストーリーとかエモくてよくないですか?(笑)

 

あと、トニーが残した、地球を救うドローンシステムを悪用されて街が盛大に破壊されたのも辛かった・・。

ソコヴィアで傷ついたトニーが、今回のことを知ったらショックだろうなっていう気持ちになってしまい、冷静になれなかった。

 

ハッピーの言っていた通り、誰もアイアンマンになれないし、トニーだって、理想のアイアンマンになれなくて日々悩んでいたんだ・・。

その集大成がエンドゲームですっごい泣いたけど、二回目観るころには、ヒーロー生活お疲れ様でしたっていう気持ちと、娘の成長とペッパーとの生活を老人になるまで築き上げて欲しかったという気持ちでずっと葛藤していて、葛藤したまま観た次の作品がFFHだったから、なんかもう色々混乱しました(笑)

アイアンマンの扱いは今後もこのテイストでいくんですかね・・。

 

今回、ミステリオは倒したけどスパイダーマンの正体が全世界に公開されてしまい、しかもミステリオが正義でスパイダーマンは悪ってなってしまったのを、次作でどう回収するんでしょうか?

キャップを引き継いだファルコンや、ワカンダ、ウィンター・ソルジャー、ソー、そして生死が不明なロキ、キャプテン・マーベルアントマン&ワスプ、そして、ガーディアンズなどまだまだ回収しきれてないストーリーがあるわけですけど、その中で、スパイダーマンが新しいヒーロー集団の中心人物として成長していくような展開で進んでいく感じなのかな。

それはそれで観たい気もしますが、今回のFFHは、MCUがアイアンマンに対する敬意を表したことが、全て裏目に出てわたしに伝わったかもしれないというモヤモヤした余韻になってしまいました。

 

とにかく、ピーターには、トニーの形見をもう二度と床に落とすなよっ!!ってことがもっとも言いたかったです(笑)

アイアンマンという推しを失ったファンをもうこれ以上、切ない気持ちにさせるのはやめてくれ・・。

 

あと、余談ですが、ハッピーとメイおばさんのカップルは個人的には応援したいです。

 

というわけで、愚痴は以上です。

 

MCUファンは、辞めません!!

 

というわけで、それでは、また。

 

<広告>