たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

2017年一番良かったドラマは『ウェントワース女子刑務所』、映画は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』

映画、ドラマブログを細々とやっている身として見過ごせない、2017年一番良かった作品というお題。

それは、もう今年はマーベル・シネマティック・ユニバースにもハマりましたし、ドラマも含めて山ほど色々観ました。

自分のブログを振り返っても、3月から始めたブログで自己満足の範囲ですが、

(よく、こんだけ観たな(書いたな)自分)と改めて思います。

同じ作品に言及しているものもありますが、ざっと海外ドラマの記事だけで135、映画の記事だけで73(2017.12.22現在)書いていました。

 

ドラマで一番良かったのは、NetflixのPR記事でこんなことを書くのは憚られるのですが、自分にウソはつけないので海外ドラマの【ウェントワース女子刑務所 シーズン4】を上げさせてもらいたい。

去年だったら、ウォーキング・デッドゲーム・オブ・スローンズを観はじめた年だったので、それらが候補に挙がっていたところでしたが、今年はシーズン通して観たプリズン・ブレイクも、まあまあ面白かったですが、【ウェントワース女子刑務所 シーズン4】は超えられなかったですね。

主人公とサイコパスの戦いにハラハラしっぱなしだったし、すごい泣いた。

ウェントワース、今まで観た海外ドラマの中で一番泣いた。

 

【ウェントワース女子刑務所海外ドラマ好きな人とかに勧めても、「なんかよくわかんないけどバイオレンスなんでしょ?」とか言って誰も観ないんだけど、本当観たほうがいいよ!(笑)

どっかの行政の年間予算よりお金をどばどば使ってる【ゲーム・オブ・スローンズ】をある意味わたしの中では超えてるかもしれない。

予算は段違いなのに、脚本で勝負してる【ウェントワース女子刑務所】。

わたしも一度はシーズン1第3話で挫折したものの、シーズン1の中盤から急に面白くなるこのドラマ。

こないだ終わったばかりの、【監獄のお姫さま】は、おばさん女子刑務所ものってことで、勝手にウェントワースへのオマージュだと思ってる(笑)。

とにかく、早くシーズン5配信してくれよっ! こっちはすごい待ってるよ!!

 

ウェントワースがhuluプレミアじゃなかったら、本当はNetflixに乗り換えたいんだから!

 

(これは、媚びじゃなくて本当。マーベルのNetflix限定とかもやってるのですごく乗り換えたい)

 

日本のドラマの年間一位は、終わったばかりの同じ女子刑務所ものの『監獄のお姫さま』一択ですね(笑)

 

次は、映画です。映画はすごい考えました。めちゃくちゃ迷いました。

古いものから最新作、ジャンル問わず手当たり次第手を出したので、1位となるとなかなか難しい。

最終候補に挙がったのは、過去作品も含めて【ズートピア】【レオン】【美女と野獣】、【スパイダーマン:ホームカミング】【マイティ・ソー バトルロイヤル】と、どんだけ候補出すんだよ(笑)って感じになってしまいましたが、やはりわたしの今の生活、人生すら変えたと言っても過言ではない『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス』この2作品を差し置いて一位にする訳にはいかない、いかないわけですよ!

 

2018年4月、【美女と野獣】を劇場に観に行って、【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス】予告でのロケットのセリフ、

「Don't push this button.」

を聞いた瞬間が、わたしがMCU沼に落ちたまさにその時です!

(ベイビーグルート、かわいいっ!可愛すぎるっっ!!)

って、この時は一瞬思って、普通にその後美女と野獣は観賞して、ディズニークオリティーとエマ・ワトソンの美しさに感動して、劇場を出てきたはずなのに!

いや、確かに美女と野獣は素晴らしかった、文句のつけようのない素晴らしい作品だった。

展示されている、ベルの衣装を観に行って、エストほっそ!足ちっさ!エマ・ワトソン、もしかしたら妖精?って感想を抱き、ものすごくわくわくして観に行った。

でも、結果、ベイビーグルートに心を奪われてしまい、この後「Don't push this button.」が流れる動画を死ぬほど観ることになるとはね(笑)

 

「続きの続編を観るなら、前作のガーディアンズも観ないとねー」

と気軽に入り込んだMCUの世界。アベンジャーズも出ていない、この時点ではMCUの中では独立した【ガーディアンズ】を観たってだけで、そのあと、まさかアイアンマンのグッズを買い漁ることになるとは去年の今頃は夢にも思ってなかったわけでしたが(笑)

それだけ、MCUの世界にはわたしを引き付ける何かがありました。

ガーディアンズに関していえば、なんかもうどこが好きとかわかんない。

ずっと観ていられる、とにかく好き。

 みんな好きだけど、ネビュラがすごく好き(笑)

 

しまいには、東京コミコン2017も行ったし(笑)

 

実は、ブログ書く暇がなくて報告漏れてたんですけど、このコミコン。

今年ガーディアンズをひたすら激押ししてたわたしに、奇跡があったんですよ!

 

コミコン開催中に、ガーディアンズ2で、死ぬほどかっこよかったヨンドゥ役のマイケル・ルーカーがですね、会場内を巡回してたんですね。

もちろん護衛はついていたわけですが、わたしの進行方向の後ろから、「え?うそ?マジ?」的な声が聞こえて、人の向こうのちょっと高い位置にハットが見えたと思ったら、後ろからすごい勢いで押されまして、押されたその先に、

マイケル・ルーカー(ヨンドゥ)ご本人!

わたしのちょうどすぐ近くのところにヨンドゥのコスプレをされてる方が居らしたのですが、その人とマイケルが絡んでくれたんです。ヨンドゥの口笛やったりしてて。

 

その時、わたしとヨンドゥの距離10cm!!

(実際は30㎝ぐらいだったけど、体感として)

 

ヨンドゥのコスプレしている人の近くにたまたま居たという完全なタナボタ。

ヨンドゥにぶつからないように、後ろから押してくる人を押し返すのに必死なぐらいでした。

もうどうしたらいいかわからずに、無我夢中だったけど、呼んだらこっち見てくれて、軽くハイタッチ!

サングラスだったから、あれですが、

もう、かーっこいい! ありえない。

無我夢中とかいいつつ、声を掛けてみるあたりお察しください(笑)

 

ちょっと心ここにあらずだったんですけど、落ち着いたら手の震えが止まらなくて、あんな精神状態になったの初めてでした(笑)

コミコンで色々散財したし、すんごい疲れたけど実質タダというか、プラスですよね。

もう今後、わたしの人生で、ハリウッドスターにあんなに接近することは二度とないでしょう。

 

今までの人生の様々な不運は、ここで使う運のために貯められていたのかと思ったけど、多分そうだったんです。今年、MCU系の懸賞に3回当たったし。

マーベルに出会い、運まで巡ってきています。

 

神様、ありがとう!

 

わたしのマーベル愛を見守っていてくれて!

 

 

というわけで、みんなも【ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー】観た方がいいよ!

運が巡ってくるよ!

  

 

 

<スポンサーリンク>