たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

THE PATH/ザ・パス シーズン1 第7話 感想 え!? 大丈夫かマイヤリズム!!

 わたしは、何故1周目を第6話で一旦離脱していたんだ・・。
すごく面白かったし、第7話、ひどいことになってるじゃん!!

いくらシーズン後半に差し掛かってきたからといって、1話の中にいろんなこと詰め込みすぎだよ(笑)

ちょっと全部の出来事を追えるかわからないのですが、出来る限りレビューの中で拾って感想を言えたらなーと思います。

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

第7話は、カルが6話の最後で政治的策略もあり組織に連れてきた不法移民たちの処遇に対して、組織内で大問題に発展。

不法移民をカルト宗教が匿ったということでマスコミも動いてしまい、マイヤリストたちが暮らす施設を囲み、マスコミの取材攻撃や、周辺住民のデモが始まるのがメインストーリーでしたが、サブエピソードが尺は短めながらけっこう驚愕!

 

※というわけで、以下ネタバレありの感想です。

 

6話で、カルが鳴り物入りで集会に連れてきた不法移民たちの問題で組織内でカルが孤立しました。

カル的には、政治や世論と向き合うことで組織の名前を一気に広め組織拡大を狙っていたと思われますが、面倒ごとを持ち込んだということで、保守的な幹部たちやさらには信頼していたサラにまで総スカンをくらい、絶体絶命のピンチ。

今まで静かに暮らしていたのに、マスコミやデモに取り囲まれ生活を脅かされるマイヤリストたちに暗雲が立ちこめますが、完全に今回ばかりはカルの作戦、完全に裏目に出ましたねー。博士のこともあるし、色々焦っちゃったのかなー。

 

周りに相談してからやればよかったけど、相談してからだと反対されるから仕方ないってのもあるし、まだ若く(?)未来のあるカルと違って、オープニングスタッフ的な上層部の幹部は、博士が生きてようが死んでようが、もう今の段階でいい暮らしはしてるし、特に組織が大きくなろうが『自分には』そんなに影響ないから、今の暮らしをわざわざリスクとって変えたくないとは思う。守りに入るのもわかる。結果、攻めに入ってこういうことになってるわけだし。

 

一方、6話の最後でどっかに行ってたエディ。

まさか元マイヤリストのアリソンを匿いに行ってたとは驚いた。

ほっとけばよかったのに、マイヤリズムの信仰のなせる技なの?

それとも家探しをしたときのカルに不信感を持ったからなの?

さらに、その家マイヤリズムの所有の建物じゃん!

壁にでかでかと目のオブジェ飾ってあるけど!?(驚)

ってなったけど、瞬殺でその小屋に人がいることがバレて(当たり前だと思う)アリソンを逃がそうと現地に向かったエディを着けてきたカルにバレるという修羅場。

エディ、ヤバいじゃんっと思ったけど、元々エディをいろんな面で疑っていたカルがそこまで言及することはなく、エディが本当のことをカルに話すことになり、その結果、400キロにも及ぶ『マイヤーの旅(?)』多分徒歩で出ることになる。

なんか普通に行くことにしたてけど、これは7Rの修行の範囲だから拒否できないの?

2週間の更生プログラムでいいじゃんと思ったけど、サラにバレるし、あのプログラムエディ結局完全に更生(?)されなかったもんな。

更にいうと、浮気なんかよりサラにとっては旦那が信仰心を失っているということのほうがショックであるというのがエディはわかっていたから、あの騒動の時は、浮気したってことで落ち着かせていたわけだし、そのことをカルはわかっていて脅しに使っている。

行くしかないんだろうな、『マイヤーの旅(?)』。

 

ホークのこともあって、サラ情緒不安定だしエディ家空けるのヤバくない?と思ってたら、なんとー、ホーク、あっさり失恋(笑)

彼女のアシュリーも、興味本位でホークに近づいてちょっと好きになって、自分から誘って体の関係も持ったけど、組織の内部で少し生活したことによって色々わかったこともあったし、なにしろ、ホーク本人が、体の関係を持ったら、余計自分にベッタリになってしまったことも含めて色々怖かったんだろうな。お母さんの精神状態も確かにヤバくなってて、そのことも理由の一因にあると思うけど、ホークから、マイヤリズムから離れたいと思ったのは、本人の意思だと思う。

ホークが家族を捨てるか、彼女が家族を捨てるかっていう二択だったと思うから、まだ子ども(大人っぽく見えるけど15歳)の2人には無理だっただろう。

そして、このまま反抗期まっしぐらかと思ったら失恋で心細くなりエディの旅についていくと・・。

ホークにとっては、エディの居ないサラだけが親の家にいるよりかはマシだと思うけど、いろいろ心配な点が。

 

サラは、予想なんだけど多分、エディと結婚したことでカルに引け目があって、組織人としてはカルの活動を支える方に徹し、自分は家庭を優先したんだと思うけど、元々どこかでカルの過激な活動を納得してない面があった。

なので、カルのちょっとした一言に激昂してあんなこと言ったんだと思う(その発言は男女差別的な)けど、カル的にはそんな意味で言ってなかったと思うので、カルの言うとおり、サラには野心があったんだろう。

今回そのことが表ざたになったわけだけど、エディが旅から帰ってきたら、カルが指導者として自滅し、別の宗教団体を立ち上げてカリスマ教祖になり、マイヤリズムはサラが指導者になってて神的なあがめられ方をされ、更にスピリチュアル度が高まったふわふわしたマイヤリズムになっており、エディ度胆抜かれるみたいな展開にシーズン2はなるんですか?(笑)

サラは、信仰の為にいざとなったら家族を捨てられる女だからなー。

 

ところで、カルは、なんでサイラスやっちゃったのーー??

サイラスはペルーで修行担当だったし博士のそばにもずっと居て、現実に引き戻されるのが早かったんだろうなー。

博士ありきのマイヤリズムだったっていうのはシーズン通して見てわかってたけど、カルもそれは重々わかってたと思う。

それでも自分の信じた信仰や居場所である組織、マイヤリストの人たちを博士なきあとも守ろうとしたカルの気持ちもわからないでもない。

そんなにショックだったかー。。

「マイヤリズムは終わった」って言葉。

でも、部屋にサイラス(の死体)と2人茫然としてたけど、あのままでいるわけにはいかないわけだし。

共犯者を引き入れねばならないけど、カルが性処理に利用してた様子のまた薬に手を出してしまった若い女の子(メアリーだっけ?)しかいないよねー。

 

FBIが潜入捜査で中に入っているけど、1Rの修行を受けるとかいって浮かれてたし。あれ、演技だったらすごいけど、演技と思えない。

今回の不法移民の件で、今までは傍観していたFBIも動き始めたみたいだし、どうなるのかなー。おとり捜査。

まさかのカルを庇う展開も出てくるか。

 

マイヤリズムは崩壊に向かうのか、まさかのV字回復もありえるのか。

 
なんとなく、マイヤリズムを応援してる気持ちになってるのが宗教の魅力なんだなー。
気を付けないと(笑)それではまた。
 
 
第8話の感想はこちら ↓ ↓
 

 

<スポンサーリンク>