たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

ウェントワース女子刑務所 シーズン5の総評っぽいものその1(囚人編)ネタバレしかない。

 ウェントワース女子刑務所 シーズン5の衝撃の最終回を迎えてからはや一週間。
その間、ことあるごとにウェントワースシーズン5全12話について考えていました。
 
シーズン6は一体いつ配信されるのかから始まり、ウェントワースはどこへ向かうのか。あの人たちは今後一体どうなるのか。
そういったわけで、言いたいことも諸々あるので各話のレビューだけでは飽き足らず、総評と言いつつ、書き足りないことを書きなぐる記事となります。
 
いきなりネタバレしながら始まりますので、大丈夫な方だけ先にお進みください。
(そしてめちゃめちゃ長いので、今どうしても暇な方だけにしたほうがいいと思います。文字数5500文字ぐらいあります。ごめんなさい。)
 
シーズン5各話の全レビューはこちらです ↓ ↓
 
 
 
※以下、ネタバレしながらだらだら書き進みます。
 
シーズン5の第1話の冒頭は、今思い出してもドラマであんなに衝撃感じたの初めてかもっていうぐらい衝撃でした。
あの時の衝撃が未だに忘れられない。
なにせ、主人公が死んだという信じられない状態がオープニングだったからです。
 
え? ドラマの主人公って第1話で死んでいいの?
死ぬにしても最終回とかじゃない?
ウェントワースって、ふつうの主婦だったビーがウェントワースの伝説のボスになる話でしょ? まだなってなくない? いまのところ伝説ってほどじゃなくない?
 
 
っていう、混乱を極めた疑問を第1話で抱いたまま、全12話終了。
一応シーズン4の最後ではボスにはなってたけど、ビーのボスって情緒不安定だったし、そこまで強いボスってわけでもなく、それほどウェントワース内の統率も取れてなかったし、愛する人の仇を打つためファーガソンへの相討ちをキメたビーだったけど、けっきょく仇は討てなくてファーガソン生き生きしちゃってたし、ビーそのまま死んだら伝説になれてないし、アリー以外は最終話あたりでは、仲良くしてたメンバーだって、ビーのことなんて思い出しもしてなかった人多かったよ?
 
伝説じゃない。全然伝説じゃないよっ!(涙)
 
死んだと思ってたビーが、生きてウェントワースに返ってきてファーガソンを仕留めたらさすがに伝説になると思って、ビーの生きてる姿が最終話までには一瞬でも見られるかと思ってました。
ずーっとしつこく毎回、毎回、今日こそは!って思ってたけど、結局一度も見られなかった。主人公の姿、絵と写真だけ。回想シーンもほとんどなし。
ビーが主人公なことは当たり前で不死身だと思ってたし、いなくなってはじめてわかる主人公の存在感。
 
シーズン1が始まって5話目ぐらいまでは、主人公であるビーが地味で暗くて周りともなじめなくて、『このドラマ本当に面白いのか』と思って一度は挫折してました。
今、こんなにウェントワースにハマっているわたしが一度は挫折してたんですよ?
これもある意味衝撃じゃないですか?(笑)
 
それが、ビーの肝のすわった行動の数々でドラマに引き込んでくれた。
なんだかんだいって、ずっとビーを観ていた。
シーズン5終わってみて面白くはあったけど、やっぱりビーのいないウェントワースは物足りなかったというのがわたしの結論です。
 
そうは言っても、主人公不在のウェントワースシーズン5にも色々ありましたので、その色々を振り返ってみたいと思います。
 
 
まずは、出戻りのフランキーの件ですが。
今までも色々と勝手な行動は多々あり、その度にイラついてたのですがシーズン5は勝手も極まってましたね(笑)
今までのシーズンの中では擁護できる部分もあったような気がするけど、あんな自体に本人がなってしまったことに同情もあんまりできなくて、自業自得の部分も多い気がするのに周りを巻き込みすぎだし、ブリジットや、アリーへの数々の勝手な振る舞いがどうしても許せませんでした。
ブリジットが精神を病んでウェントワースを去ったのすごい切なかった。
何故フランキーなんかに恋をしてしまったんだ・・。
 
フランキーが人気があるのはわかっているつもりです。
今さら、ビー以外の誰かが主役になるなら他の人が主役よりは一番華があるから仕方ないと思う。
ビーがいないウェントワースの第二の主人公がフランキーなのだとは思います。
でも、無理。フランキーにビーの代わりは務まらない。
(※個人の感想です)
それにシーズン6は、フランキーの逃亡劇がメインだったらテンション下がる。
そして、何故ブリジットが自分を待っていてくれてると信じてるんだ。
 
頼む。せめて、ウェントワースの良心マキシンを戻してくれっっ!!
ビーが居ない今、フランキーの逃亡劇は正直気になるから見るぐらいでそこまで夢中になれる要素もなく、リズとソーニャの件もそこまでって感じだし(見るけど)、唯一すごく気になるのはファーガソンが土の中からどうやって生還するかぐらいで、この色々なわけのわからないもやもや感に勝てるのは、ビーが居ないんだったらもうマキシンのピュアさしかないと思う。
 
現在ウェントワース内に居る今までのメインキャラは、リズ、ブーマー、アリー、カズ、そして瀕死のソーニャ(?)。
ファーガソンはウェントワース外の土の中なので、数に入れませんでしたがさすがに地味すぎる。
シーズン5では、マキシンの病気がどうなったのか少しぐらい教えてくれてもよかったのに。
回復傾向にあるのか、それとももう手遅れなのか。ちょっとだけでも知りたかった。
多分わざとですよね。 マキシンのことやらなかったの。
シーズン6ではウェントワース内の話じゃなくてもいいから、フランキーのことをやるのは仕方ないとしてもマキシンのことと並行してほしい。
 
話題になったので、主役には地味なメンバーのことにも少し触れていきたいです。
ブーマーはシーズン5では癒し専門でした。
ソーニャにいいように使われてたけど、本人は楽しそうだったしマキシンが居なくなった淋しさを埋められてよかったと思います。
基本ぷよぷよなんですが、シーズンごとに少し太ったり痩せたりしている(笑)
 
リズは、基本めそめそしていましたがいい意味でも悪い意味でも女だった。
恋に溺れ、人の気持ちに寄り添え優しいところもあるけど、合理的だったり、残酷だったり。今回は、リズの思い切りのいいところが見られてけっこう驚いたけど、女の底力を見たって感じでした。
 
ソーニャ嫌いじゃなかったけど自分に自信ありすぎて傲慢になり、リズのこと少し馬鹿にしすぎましたね。 
ビジネスウーマンとして大活躍して、ウェントワースを仕切っていたけど、調子に乗り過ぎて一番バカにしていたリズに足元をすくわれる結果に。
今のところ生死は定かじゃないけど、多分死んでないですよね。
死んでいたら、殺人罪隠ぺいがどうなるのかどうかってところだし、死んでなかったらリズかフランキーか最悪ブーマーが犯人に疑われるところかなー。
 
今回のシーズンで、すごく嬉しかったのはウェントワースのトラブルメーカードリーンがウェントワースを去ってくれたこと。
顔を見るたびにイライラしていたので、全く悲しくなかった。
ウェントワースを出る出る詐欺を何回繰り返してくれたんだドリーンは(笑)
(と言っていいかどうか不明だが、一応)の迎えがすぐさまなかったときは、マッハでウェントワースに戻ってくるんじゃないかと思って別の意味でハラハラしてました。
今のところ、音沙汰がないのでほっとしていますが、シーズン6でまた出てくるのかなー、やだなー。幸せなら(幸せでなくとも)なんでも構わないのですが。
わたしのうかがい知らないところで生きていてくれたらと願ってやみません。
 
そして、カズ!! わたしは、カズが好きです。
シーズンを追うごとにどんどんカズのこと好きになる。
カズの幼少時代の過去の回は切なくて泣いたな。
ビーの居ないウェントワースのさみしさを救ってくれたのがシーズン5のカズでした。
正直、第1話、最終話以外に一番印象深かった回はカズが川に落ちた回だった。
ヤク中のアリーを見捨てずに一緒に頑張ったのに、ビーに取られた(?)時はかわいそうだったけど、それもアリーの幸せのために許せる女だよ、カズは。
みんなも、もっとカズのこと好きになろう!!
ビーのせいで、長くウェントワースに居ることになってしまってかわいそうだけど、なんとかなんとか今後辛い目に遭わないように頑張ってほしい。
今回はウィルと揉めたり仲直りしたり、色々あったけど、わたしは個人的にカズとウィルは男女の関係とかそういうんじゃないと思ってます。
正義を信じる仲間って感じ。ビーとウィルと同じような。 っていうかそういう男女の関係であってほしくない!
シーズン6ではどうか、カズが安心して刑務所生活を送れますように!!
 
 
そして、地味キャラではない人にも言及せねばなりません。
フランキーではなく、第二の主役はこの人でしょう。
完璧なヒールの役割を担ってくれているファーガソンのことを書かないわけにはいきません。
今シーズンも本当に色々な顔を見せてくれました!
ファーガソンを演じる女優さんは本当にポテンシャルが高くて、あんな女優さん他に居ないです。
演技力すごい。ずっと思ってたけど、本当にそう思った。
万が一、コミコンとかハリコンまたはhuluイベントで来日するようなことがあったら絶対会いたい! 並ぶ!! 課金もいとわない!!
ファーガソン自体はすごく好きとかではないですが、本人にすごく会ってみたいです。
普段どんな人なんだろう。あの声で喋りかけられたい(笑)
でも、今シーズンは全体的に少しおとなしめだったかな。
出番が少なかったのもあるけど、ファーガソンの敵が特定された誰かではなく、全体的だったのと、本人もきちんと計画がわかってるかどうか不明ですが、ファーガソンの計画というもの自体というのが不明だったので、どこに向かっているのかわかりにくかったというのもあると思います。
ビーが居なかった分、段階的にファーガソンが着々と計画を進めている感じだったら、ハラハラした展開があったりしてよかったのかなと思います。
あとは個人的に、ビーの無念感とか仇感がもっと出ていて欲しかった。
アリーがファーガソンへの第一復讐が失敗したときは、ビーのこと言われてすごい悔しくて涙がにじんだけど、あの時ぐらいであとはルーシーの舌切った時ぐらいかなー。
(フランキーアンチなので、イマーン殺害の時の記憶が薄め)
あとは、スト2話までは比較的静かにしてるかヴェラかジェイクをいじめてるかだったし。
最終話で命の危険を感じてあんなにおどおどするとは思わなかった。
いつも、用意周到に計画立てて行動するファーガソンが、あんな箱に簡単に入るなんてちょっと考えられないとは思ったけど、前話のことを引きずってる演技がうまくて納得できました。
どうやって、土の中から生還するのか楽しみですね(笑)
このまま死亡なんて帰ってきたビーのためにもやっぱりダメ。
 
最後はアリーのことです。
あと、アリーのことだけなんでもう少しおつきあいくださいね(笑)
ファーガソンにやられて瀕死の状態から目覚めたら、やっと心が通じた愛する人が死んでいたという不憫すぎるアリー。
最初に出てきたときは、もうちょっとふっくらしていてかわいかったのに、シーズン5ではウェントワース内では細身担当のフランキーよりもガリガリにげっそり痩せてしまって、ヤク中だった時よりもそれっぽくなっていて超心配。
役作りだったらいいけど、そうではなかったらかわいそうなぐらい。
今思い出しても、切ない役回りだったシーズン5だったけど、最後ビーへの思いを果たしてくれてわたしは感動しました。
ビーの形見であるスケッチブックを処分させられたときとか泣いたし、ビーの自画像を大事にとっておいてあったりとか、途中フランキーがいろいろアリーに絡みついてきてイライラしたけど、アリーがシーズン通して貫いたビーへの気持ちが、ビーの生存を願っていたわたしは嬉しく思いました。
せっかく帰ってきたのに、アリーがケロッとしてたら、ビーがさすがにかわいそうすぎるから。
最終話で大事にとっておいたビーの絵を、ファーガソンの丁度目線のところに貼ったアリーの覚悟を感じました。
一度は失敗したけど、アリーよく頑張ったね(涙)ってうるっとしました。
どんな思いで、ずっとウェントワースに居たんだろうと。
アリー、このままではすまないと思うけどいまのところは会心の復讐劇だったと思います。
シーズン6では、ぜひ頑張ったアリーと、ビーを再会させてあげてほしい。
よろしくお願いします。
 
というわけで、囚人たちのことを書いただけで5000字以上をオーバーし、ヴェラを始めとする看守やブリジットのことを書き始めたら、さすがに大変なことになると思うし、読んでくれてる人に申し訳ない気持ちなので、看守たちやシーズン6への希望などをまた別記事にしたいと思います。
 
本当に、長くなってしまってごめんなさい。
でも本当はもっと言いたいこともあり、朝まで書きつづけられます。
今度誰か、『朝までウェントワース』に付き合ってください(笑)
みんなで円卓を囲みつつ、自ら観ている人はドハマりしているけれども、勧めても誰も観ない海外ドラマ『ウェントワース女子刑務所』についてお互いの持論を喧々諤々語り明かす会。
わたしはしゃべりたいので、MCは誰かほかの人にお願いしたいです(笑)
 
それでは、また看守編で!
 
看守編はこちら ↓ ↓
 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

 

<スポンサーリンク>