たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

ハンニバル シーズン1 第13話(最終話)感想 シーズン1はシーズン2への壮大なプロローグ

ハンニバル シーズン1 第13話(最終話)感想です。

 

やっときました、最終話。

12話がかなり混沌としていたので、期待も高まっていたのですが。

 

12話の感想はこちら ↓ ↓

 

 

meganetamago.hatenablog.com

 

12話の最後、アビゲイルを殺そうとしているレクター博士で終わり、ウィルの幻覚なのか現実なのかわからない感じでもやもやしていました。

そして13話に続くだったのですが、13話も最初から混乱して、どんな話だったかと一言で言えば、ウィルがものすごく孤独だったって話でした。

 

※以下、ネタバレありの感想です。

 

12話で、飛行機にいたウィルが自室のベッドで寝てたから冒頭から度胆抜いた(笑)

どうやって帰ってきたの?って思ってるうちに、生々しい人の耳を吐いて、最初耳ってわかんなくてすごい驚きました。

さしずめアビゲイルの耳かなと思ったけど、レクター博士どうやってウィルの口の中にアビゲイルの耳突っ込んだんだろう。

そして、指とかじゃなくて、何故耳だったのだろう。

耳なことになんか意味があるのかな。

 

で、レクター博士アビゲイルの死をウィルのせいにして、泣きながら自分の主治医にどのぐらいアビゲイルが大切だったか、ウィルが大切だったかなんかを訴えている間に、ウィルの自室の毛針に物証仕込まれたりもして、殺人犯、ウィル・グレアムが出来上がる。

だけど、レクター博士はなんで泣いてたんだろう。自分で今の状況作り出したのに。

演技なのか、半分は本心なのか。

あと、アビゲイルは耳しか出てないし死んでない気もしたけど、女医と食べた子牛が子どもってことでアビゲイルを示唆したものなのかはわかりません。

 

ハンニバル』を観ている人は、圧倒的にレクター博士好きが多いと思うんだけど、わたしも全然嫌いじゃないし魅力的だと思います。でも、(ウィルの顔が超絶好きなので)完全なウィル推しなんです。

以下、そのウィル推しの感想になりますことをご容赦ください。

 

ねー、FBIってバカばっかりなの!?

 

前回のレビューにも書いたと思うんだけど、一連の模倣犯は医者ってことになってたじゃん。だからこそ、ギデオンが切り裂き魔を主張できたわけでしょう?

ジャックとブルーム博士(女精神科医)、2人してウィルの犯罪に気づかなかったとかって言い争いしてる場合じゃねー。

 

ジャックにはけっこう期待してたのにウィルのこと撃っちゃうし、すっごいがっかりだった。だから、自分が可愛がってた研修生もあんなことになるんだよ。全然学習してなかった。

ブルーム博士も、ウィルの犬の引き取って面倒みるとか言って、ウィルに恩売ってるけど、そんなことより全ての発端である、ジャックにウィルの担当医としてレクター博士紹介したっていうものすごい罪を償え!

精神科医のくせに人を見る目がなさすぎだろっ!

犬たちはわたしが全員面倒見るっ(涙)

 

ウィルは最終的に自分がレクター博士におもちゃにされていたことに気づいたけど、色々記憶もないし、状況的にその主張はたぶん誰にも信じてもらえないと判断して精神病院に入ったのかな。病院にいる間、ウィルずっと何考えてたんだろう。

同僚のジャックや好きだった女性にも何も信じてもらなくて、真っ向から人間性を全否定されたうえ、全てをさらけ出してなんでも話してきたレクター博士には操られていたこと。考えただけで、ものすごい孤独。

最終的に逃げ込んだ先がレクター博士のところだったというのに。

 

FBIの人たちも、ちょっとは(ウィルじゃないかも?)って思ってくれてもいいけど、最初から疑ってたもんね。ウィル推しとしては返す返すもそういうところがすごい悔しかったです。

 

最後のシーンで、その精神科病棟にレクター博士がウィルに会いに行ってたけど、本当に『別れのあいさつ』だったのだろうか。

ってことは、とうとう捕まる危険を察知してレクター博士逃亡?

ウィルを救う、解放する時がきたのかな。

ってことは、ウィルが犯人じゃない証拠も残していってくれたかなーとも思いますが。

 

シーズン1の13話全部観て、シーズン1を全て使ったシーズン2への序章だと思いました。

おまけみたいな軽く扱われて終わってしまった犯罪もあるにはあって、あれは今思うとなくてもよかったんじゃないかみたいな気にもなってしまいましたが、ガーデニングみたいに死体埋めてたのとか、人間トーテムポールとか)

あれはあれで、レクター博士のアシストとかたまにあったから意味があったのかそれともなかったのか(笑)

 

こういう終わり方をするサイコスリラー映画とかはよくあちがちではあるけれども、少なくともこの『ハンニバル』に関してはこれで終わりだと中途半端かなーと思います。 シーズン2ありきの終わり方だと思いました。

 

とにもかくにも、わたしが今まで観たドラマの中で一番の映像美と狂気。

みなまで描かれないからこその、妄想力をどこまでも掻き立てる吐き気すら催すグロさ。

サイコスリラードラマとしては、わたしが言うまでもないですが、

文句なしの一級品だと思います。

 

シーズン2はウィルとレクター博士の関係がどう変化するのか、ウィルの立場は今後どうなるのか、目が離せません。すぐ続き観ます(笑)

 

 

 シーズン2のレビューでお会いしましょう。

それではまた。

 

 

<スポンサーリンク>