たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

2017-10-03から1日間の記事一覧

【本】冒険の国 桐野夏生 感想 超初期作品。荒削りな桐野夏生もよかったです。

こちらの作品はすばる文学賞の受賞に先行漏れしたものを加筆修正して発売されたものです。 帯に『幻の処女作』と大きく書いてありますが、物は言いようというかなんというか。 文学賞に漏れたものを桐野夏生の名前が売れたからと言って発売するほうもするほ…