たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

『ストレンジャー・シングス』シーズン3第6話【多数からひとつへ】感想 熱い”ストレンジャーシングス”商戦

ストレンジャー・シングス』シーズン3第6話『多数からひつとへ』感想です。

 

今回のエピソードタイトルが前回のエピソードタイトルの【The Flayed】だったんじゃないか?(笑)

 

めちゃくちゃ【The Flayed】連呼してたじゃんっ!

 

ウォーキング・デッドにおけるゾンビの総称の代表的なものである【ウォーカー】みたいなもんだって、今回のエピソードで始めてわかったわ・・。

前回意味まで調べたのに・・。

マイクのどアップの「The Flayed.」は、「”あれ”のことはフレイドってこれから呼ぶよ!」みたいなことだったってちゃんと教えてくれないと、バカだからわかんなかったよ(涙)

 

ところで、わたしのバカ話はこのぐらいにして、Netflixの大人気ドラマ『ストレンジャー・シングス』のシーズン3配信に向けて、ここぞとばかりに人気に乗っかりたい有名ブランドとのコラボ商品や、番組内で提供している商品が山ほどあり、ストレンジャー・シングス関連グッズが熱いわけですが、どうしても、あれもこれも欲しくなって、財布の紐が緩んじゃうよねー!(笑)

 

ちょっと調べただけでも、コラボ、提供色々ありまして順不動の各ブランド名なんですが、NikeH&M、BURGER KING、Eggo waffles、Funko、LEGO、Levi's、Coca-Cola、Microsoft、CADILLAAC(キャデラック)、7-ELEVEN、SHARPadidasPENTAXReebok・・と、アパレルブランド、飲食店、コンビニ家電メーカー、ITメーカーと様々で多分ここに書いた以上にもあると思う。

そして、日本で話題になったコラボ商品は、

 

コラボスニーカーが話題になったNIKE(調べていたらパーカーとかのアパレルコラボもあった) 

 

 

とか、H&MLevi'sですかねぇー。

www2.hm.com

 

こちらの公式通販に載っていたダスティンのTシャツも気になる。

そして、エリカの顔写真入りの洋服はけっこう好き(笑)

Stranger Things ストレンジャーシングス | リーバイス® 公式通販

 

 

 個人的には、Funkoの人形が好きなので、こちらがすごく購買意欲をそそります!

 

 

ジョイス、可愛い。

特に前髪が可愛いのと、手に持ってるマグネットにジョイスの狂気感が出ていて萌える(笑)

 

他のコラボ商品に感じたのは、エルの名前はELEVENだから、7-ELEVENは満を持した感じで、どやっている感を画面から感じます(笑)

7-p〇yはアレだったけどねぇ・・。

 

みなさんは何か今回購入されましたか?

戦利品があったら是非教えてくださいね~。

 

第5話の感想はこちら

 

www.meganetamago.com

 

<広告>

 

 


 

~あらすじ(ネタバレあり)~

Season3 "Chapter Six: E Pluribus Unum"

 

別々に憑依していたマインド・フレイヤーが合体してナンシーを襲う。

ジョナサンはなんとか助けようとするが、ナンシーは絶体絶命のピンチに陥る。病院の別の棟に居たウィルが、マインド・フレイヤーの存在を感知してエルがナンシーのピンチを救い、マインド・フレイヤーが下水道に逃げ込むのを目撃する。

ジョイスとホッパーは、ロシア人のアレクセイより、スターコートの地下にロシア人の研究施設があり、そのロシア人たちがエルが閉じたゲートを開こうととしていることを知って、子どもたちの安否が心配になる。

ホッパーは、オーエンズ博士を通して暗号文で政府に危険を警告するがジョイスが邪魔をする。

地下道でロシア人たちに見つかったダスティン一行。

ティーブとロビンは、ダスティンとエリカを逃がし2人は捕らえられることになる。

スパイ容疑をかけられたスティーブとロビン。

ティーブは軍人に激しい暴行を受ける。その後ロビンと2人にされ縛られる2人だが、ロシア側は二人の話を信じない。

死を覚悟したロビンは、高校の時にスティーブに抱いていた思いを告白する。

その後、スティーブとロビンは自白剤を打たれて暗号を解読したこと、ダスティンとエリカの存在を話してしまう。

ダスティンとエリカは外に出て助けを呼ぼうとするが、エリカは武器になりそうなものを発見する。

エルは、マインド・フレイヤーの動向を深く探ろうとビリーの記憶の中に入る。

力を使い過ぎなことを心配し、”スパイ”をやめさせようとするマイクに対して、エルは「わたしを信じて欲しい」とマイク説得する。

ビリーの記憶の中に入ったエル。そこは彼の悲しい少年時代の記憶の世界だった。

 

 


 

いろいろ、微笑ましくてニヤニヤしている間に6話まで視聴が完了してしまった。

 

ナンシーが今回絶体絶命のピンチに陥ったけど、ナンシーは殺しても死なないから大丈夫だと思った。

案の定、ギリギリのところでエルが助けにきてくれたけど、来てくれてなかったとしても一人でなんとかしてそうなところがナンシーのいいところです(笑)

 

今回は、ビリーが金髪人妻好きの所以となる過去が明かされたわけでしたが、あの過去はビリーとマインド・フレイヤーを切り離すきっかけになりえるのでしょうか。

 

そして、今回の個人的ハイライトはロビンの告白だったけど、学生時代はティーブはナンシーに夢中だったからねぇ・・。

それに高校生の時に告白しても、イケイケだったスティーブはロビンのことを相手にしなかった。

思春期とか若いときって本当に人を見る目(特に恋愛関係)の目が曇るよね。

わたしも20歳ちょっと超えるぐらいまでは、ちょっとメンタルがアレな感じの人が割と好きな方だったから人のことは言えないんですけど(笑)

ロビンは、スティーブの調子乗ってる感じの裏側の優しいところを影ながら見ていたんだろうなぁと思うと、甘酸っぱくていいよね(笑)

ダスティンとエリカが助けに来たので、このふたりには最後ちゃんと結ばれて欲しいです。

 

そして、無理するエルを過保護に心配するマイクと「もうエルは子どもじゃない。本人に任せよう」というマックスを初めとする友達たち。

マイクは、エルを失うリスクに比べれば他の事の優先事項はかなり下がるし、極論エルさえ守れれば、ホーキンスがどうなろうと知ったこっちゃない。

今のマイクはウィルよりエルを取るだろうし(笑)

そういったわけでみんなの前でエルへのありあまる愛を熱弁することになってしまったマイクでしたが、そんなマイクにも大人っぽく対応し(とりあえず)安心させるエル。

 

エルにとって今の幸せは、マイクやホッパーをはじめ、自分を愛し守ってくれようとしたたくさんの人たちの上に成り立っているという自覚がある。

そんな大切な人たちがたくさんいるホーキンスの街、そして自分も愛しているホーキンスの街の人たちを、幼少期の自分と母を不幸にした力で守れるなら・・という恩返しの気持ちもあるのだろうなぁ。

 

ジョイスのアシストもあって、ロシア人・アレクセイから研究所のことを聞きだすことに成功したホッパー。

ロシアからの攻撃でアメリカが危ないと言うことを前の研究所の博士に伝えることができたので、ロシア軍にはアメリカ軍が対抗してくれそうで、エルに援軍ができたので、一人で戦わなくてすみそうなことには心底安心した。

 

ストレンジャー・シングス』のことなので、7話で盛り上げて引っ張って8話でしっかり締めてくれると思いますが、多分危険なことにも手を突っ込むと思うので、非常にハラハラしますー。

どうか、誰も死なないでー(懇願)。

最後はどうか、ほんわかな感じで終わってくれますように。

シーズン2のラストすごい好きでしたっ!!

 

というわけで、それではまた。

 

 

<広告>

 

  

Stranger Things 3 (Original Score from the Netflix Original Series)

Stranger Things 3 (Original Score from the Netflix Original Series)

 

 

ストレンジャー・シングス シーズン1の感想記事一覧はこちら

ストレンジャー・シングス シーズン2の感想記事一覧はこちら