たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

【家電】なくてもいいけど、あると家事が楽になるズボラ家電4選。

たまには、ブロガーらしい記事書くぞ(笑)

 

実はこう見えて(?)家電好きなわたし。

ずぼらに家事をこなし、海外ドラマや映画をみるためにどうやって時間を捻出(手抜き)するか日々奮闘しています。

手抜きするために導入した家電で、リピート買いしているほど手放せなくなった家電が4つほどあるので、ご紹介したいと思います。

 

本当に実生活に基づいているため、4つという中途半端な数になりましたことをご了承ください。

 
  <広告>

 

 


 

第4位:電気ケトル 

 

やかんで充分って思うじゃないですか。

うち、昔ながらの2口コンロなんですよ。

しかも最新式じゃない、洗うのが大変な五徳のガス台使ってて。

(さすがに買い換えたいけど、ガス台を処分することとか考えると優先順位が毎度下がる)

 汁モノ作りながら、炒めものとかするとお湯わかせないんです。

お湯は、薬を飲むのにも使用するので必須アイテム。

朝食も、スープ、目玉焼きとかでガスを2口塞いじゃうと飲み物に非常に不便なことになる。

そういったわけで、電気ケトルなんですが、お茶やコーヒーだけじゃなく、カップラーメン、簡易みそ汁、粉スープなどなど、とずぼら飯にも一役かってくれています。

あと、空焚きの心配がなくて一度使うと手放せないです。

小さいケトルは早く沸きますが、いつも量が足りなくなるので、我が家で必ず1リットル以上のものを買うようにしています。

 

第3位:布団乾燥機

 

昼間家に居ないので、ふとん干せません。

休みの日に布団干すのは重労働・・。

休みは休みたいし、出かけることもある。

そんなわけで、ずっと欲しかったのですが、令和元年梅雨時、やっと我が家に布団乾燥機が降臨!

使い勝手が悪く、使わなくなるのがが嫌だったのでマット不要の簡単タイプにしました。

今年の夏は、じめじめが長かったのでダニコースにだいぶお世話になりました。

ダニアレルギーなので、非常に助かりました。

カラカラの布団はやっぱり気持ちいいです。

あと、わたしすっごい冷え性なんですよ。

夏は、冷房ガンガンの部屋に一日中いるので、全身冷えまくってて、掛け布団をあっためて足突っ込んだりするのにも重宝。

布団全部あっためて、「ふ~、岩盤浴~」とかやったりもしました(笑)

この数日非常に寒いですが、冷房いれてる職場なので布団をぬくぬくにしています。

すこぶる寝つきがいいです。

 

あったかくて、乾燥している布団は正義。

 

第2位:スティック掃除機

ぶっ壊れそうな紙パック式の掃除機が家に1台ありまして。

掃除機購入は積年の課題だったのですが、必殺『騙し騙しまだ使える』作戦だったんです。

夜にそのレトロ掃除機をぶぉーんと掛けられないので、ほうきとちりとりを採用していたのですが、これがめちゃくちゃ手間でおっくう。

トドメを刺したのが「1回か2回使って使わなくなったからあげる~」と、納戸にしまいこまれていたルンバをもらったことです。

初期のころのルンバだったため、面倒見てあげないときちんと稼働しなかったのですが、帰宅して料理をしている間やこまごました家事をしている間に、ほこりや毛をとってくれるのがすごい楽。

 

そんなルンバちゃんが、ものの1週間ほどで壊れた。

 

Amazonで部品やバッテリーを取り寄せたけど治らず。

長年しまいこまれていたので、基盤がイカれていたようで。

もっと早く我が家に来てくれればよかったのに、短い付き合いだったけどなくなくサヨナラした。

そして、文明を知ってしまった猿は原始の道具に戻れなかった・・。

だが、新しいルンバは手が出ない・・。というわけで、スティック掃除機を購入。

スティック掃除機にもピンキリあるのですが、ルンバも買えないようでは、10万もするスティック掃除機は分不相応だし、そんな高価な掃除機で掃除するような家ではない。

日々のホコリと毛が吸えれば充分。

 

というわけで、主婦に人気のマキタのスティック掃除機を検討していたのですが、店頭で試したところ走行性が悪かったのと、ヘッドにゴミを絡め取るブラシがついていなかったので他のにしました。

 

これに似た感じのやつです。

 

自立する、ハンディがついている、自走式ということで決定。

ちょっと重いし、掃除機の掃除が面倒ですがそんなに広くもない家なのでルンバより断然早く家中のホコリっぽさが取れ、キッチンに何かをこぼした時や、風呂上がりの洗面所をさっと掃除機掛けられるのは革命でした。

平日の掃除はこれで充分です。

もう手放せない。

 

そういったわけで、メイン機の紙パック式はまだ、騙し騙し使ってます・・。

 

第1位:除湿乾燥機

 わたし、洗濯魔なんです。

ハウスダストやダニに弱いこともありますが、油断してると、休みの日に一日中洗濯機回していることもあるぐらい。

洗濯ものをためておくのがあまり好きではないので、ほぼ毎日洗濯してます。

洗濯機置き場に乾燥機付きのでっかいやつを置くことができないし、昼間干せないので、導入されたのが除湿乾燥機です。

 

すごい悩んだのですが我が家ではデシカント式を採用してます。

冬は乾燥してるし、電気代節約の為。

 

 

10時以降の電気代節約タイムに除湿機を稼働させています。

毎日洗濯してるので量はそれほどでもなく、この大きさの除湿機で我が家は充分。

もうないと生きていけない。

初号機のムーブアイ除湿機が壊れた時半狂乱になりそうになりました(笑)

 

 

上記の品々はなくても別に生活することは可能です。

ぜいたく品かもしれない。

でも、わたしはこれらの家電に助けられながら日々頑張って生活をやりくりしていて、

QOL(クオリティー・オブ・ライフ) を向上させるためにも必須だと思っています。

あとは、心のケアのために意思疎通の出来るロボットがもっと手軽にならないかなぁ・・。

アレクサでは、物足りないです(笑)

 

というわけで、それではまた。

 

<広告>

  

力尽きたときのための簡単ズボラレシピ

力尽きたときのための簡単ズボラレシピ