たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

【ハリポタ知識ゼロ】『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』はIMAX3Dで観るべきです。

ハリポタ知識ゼロのわたしが、ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生を観てきましたので、ご報告します。

ストーリー的なネタバレはなしで話を勧めます。

っていうか、できない・・と言ったほうが正しいかも(笑)

 

なにしろ、前作のファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅はもちろんきちんと観て、気に入って続編を観に行きましたが、ハリー・ポッターシリーズに関しては全くの無知ですので、ファンの方にとっては頓珍漢な感想に思えるかもしれないので、ご注意ください。

なにしろ、『ハリー・ポッター』は一度もちゃんと始めから最後までしっかりと観たことはありません。

 

f:id:meganetamago:20181125221004j:plain

 ※画像は公式サイトにリンクされています。

 

 

それでは、なんの役にも立たなそうなふわふわした感想に入りたいと思います。

 

前作のファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅はハリポタ知識がなくても面白いから! と人に勧められて観ました。

確かに面白かったです。

 

↓ ↓ その時の感想 ↓ ↓

『ハリー・ポッター』を一度も観たことがない私が『ファンタスティック・ビースト』を観た話。動物好き必見! - たま欄

 

で、今回続編を楽しみにしていて、「魔法動物を観るならやっぱり3DどうせならIMAXだよね!」って、いうことで観に行きました。

 

IMAX3D大正解!!

 

わたしは、マーベルオタクなので、アベンジャーズを含むマーベルの新作は必ずIMAXで一度は観ているんで、IMAX慣れしているはずですが、そんなわたしでも大感動するほどのIMAX3Dぶり!

 

ファンの人はわざわざIMAX3Dに観に行ったほうがいいですよ、本当に!

 

「ファンタジーの世界を表現するにはIMAX3Dはこんなにも素晴らしいのかっ!」って、いつものマーベル映画のIMAXでも充分感動しているのに、ちょっと悔しい気がしました。いや、正直悔しかったです。

 

普通に好きな作品ですが、そこまですっごく好きってわけでもない(失礼な表現になってしまい申し訳ない)わたしが、ここまで感動するほどなのです。

魔法動物たちや、魔法世界や魔術がこんなにすごいなんて!って思ったほどなので、

 

ファンの方が観たら、ものすごく楽しいと思います。

 

人気作なので、まだまだクリスマスごろまではずっと上映されているはずです。上映期間が終わってしまったら、IMAX3Dではもう一生観られないかもしれないので、ぜひこの機会に劇場に足を運んでいただきたい!

 

ストーリーとしては、ハリポタ知識ゼロのわたしには、ハリポタのネタが全く拾えなかったので、少し難しかったです。

あと、一つ申し上げたいのは『黒い魔法使い』は黒くなかったです。

『黒い魔法使い』が黒くなかったのは、わたしにハリポタの知識があれば、あれは黒い魔法使いと判断できたのかどうかはわかりませんが、広い意味でいえば確かにあれは黒いのかもしれませんが、わたしの見た限り、どっちかっていうと白い魔法使いでした・・。

原題にも『黒い魔法使い』の文字は全くないですし、邦題つけた人の主観? と思ってしまったわたしは、ハリポタシリーズに失礼を働いているのでしょうか?

それとも、わたしが思っていた『黒い魔法使い』は、誕生ってことだしあの人じゃなくてあの人のことを指していたのか。。

 

主人公のニュートは相変わらずかっこよく、前作でのバディのジェイコブは相変わらずの良キャラで、ティナとクイニー姉妹は相変わらず美しい。

ジュード・ロウジョニー・デップもかっこいい。

キャストは素晴らしかったですが、イマイチ話が込み入っていて一度では理解できない部分がありましたので、再視聴が必要かもしれません。

それとも、ハリー・ポッター』シリーズを1から観始めたほうが、今回の内容を理解できることができるのでしょうか(笑)

 

そういったわけで、なかなか話についていけないながらも魔法動物たちや美しい映像や魔法世界を観るのはすごく楽しかったのですが、話が後半に進むにつれ、

「え? そういう展開!?」っていう感じになったのは否めません。

こういう展開は、ハリポタシリーズあるあるなのでしょうか。

やっぱり、もう今の私生活の時間的に挟みこむのは無理かと思っていましたが、ハリポタシリーズにも手を出すしかない時が来たのかなぁと思ってしまいました(笑)

 

ストーリーについていけなかったのはわたしの責任なんで、ファンタビに罪は全くありません。わたしにとっては、とにかくIMAX3Dを堪能しまくった映画でした。

 

それだけは、強く申し上げておきたいと思います。

 

 

最後に余談になりますが、アベンジャーズファンに、マーベルオタクから一言申し上げたいことがあります。

こちらのファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生には、なんとアベンジャーズ・エイジオブウルトロン』チョ博士を演じた女性がけっこうなメインキャラで出演されています。

観ている間、この人は観たことがあるが思い出せない・・一体誰だっけ?と思い続け、映画が終わったあとに確認したらチョ博士でした。

チョ博士の出世作(?)、ぜひご覧になってください。相変わらず美しかったですよ!

 

というわけで、『ファンタスティック・ビースト』シリーズはどこまでシリーズが続くのが決まっているのか不明ですが、次作もIMAX3Dで是非観たいと思います。

 

それでは、また!

 

<スポンサーリンク>