たま欄

海外ドラマ、本、映画の感想ブログ。独自ドメイン取得によりアドレスが変わりました。ブックマークしている方がいらっしゃれば変更をお願いします(2018,08,05)

【東京コミコン2018】行ってきました! 『I Love IRON MAN!』『Me too!』で心が通じ合える最高の場所。

先日わたくしごとですが【東京コミコン2018】に行ってきました。

 

去年はマーベルファンになって初めて知ったイベント、ドキドキの初参戦【東京コミコン2017】

どのコミコンも一生に一回はもちろんなんですが、初めてってやっぱりなんとなく特別感あるじゃないですか(笑)

右も左もわからないフレッシュさは初回しか味わえない。

(実際右も左もわからなく入口を間違えて遠回りし、かなりの時間をロス)

 

なのに、初コミコンの感想はまんまと書き逃しました。

 

レポしたいとずーっと思ってはいたんです。

でも、12月はみんなそうだと思うんですが、わたしも最繁忙期でめちゃくちゃ忙しくて、全然レポとか書いてる暇がないうちに年が超えちゃって旬が過ぎてしまったうえ、ドラマでは、最推しの【ウェントワース女子刑務所の新シリーズも始まっちゃうし、ブレイキング・バッドデビューしたり、映画ではもはやライフワークとなっているマーベル系ブラックパンサー】、アベンジャーズ/インフィニティーウォー】、デッドプール2】アントマン&ワスプ】【ヴェノム】なんかを観ているうちに1年経過し、また次のコミコン開催が迫ってきて、周りがにわかに盛り上がっていく中、初コミコンの感想は書けずじまい(笑)

 

今年は行くつもりなかったというか直前まで迷っていたんですが、スカパーの海外ドラマ専門チャンネルAXNさん(https://www.axn.co.jp/が招待券を当選させてくれまして。

ツイッターの招待券応募企画に応募したんですよね。当たったら行こうと思って、何個か応募していたのですが、わたしに白羽の矢を当ててくれたのは、AXNさんだけ!

 

 結果、行ってすごーくよかったので、大事なことなのでもう一度言いますが、スカパーの海外ドラマ専門チャンネルAXNさん当選させて頂き本当にありがとうございました。

 

というわけで、コミコン的にも実際にも若干(?)トウが立っているテキストだらけのレポをしていきたいと思います。

レポというより、完全に備忘録です(笑)

 
f:id:meganetamago:20181203223643j:image

この奥に見えているメインステージに、トム・ヒドルストンを初めとしたゲストたちが実際に立ちました。

 

 

 わたしが参戦したのは、12月1日の土曜日、コミコン開催二日目です。

 

初日は、オープニングイベントを前の席で観るための人たちと転売ヤーたちが8時ぐらいから並んでいる。しかも数にして何百人もいる(12時開場なのに)・・というのをツイッターで見ていて、特に、サインも撮影会の予定もないし、オープニングイベントも混んでるからいいやぐらいの気持ちでいたので、(この冬のさなかに、あの日陰で中に入るまで何十分も並ばされるのはきつい)と思い、10時開場に向けて並んでいるひとたちがはけてからの入場をめざし、11時を目がけていきました。荷物チェックなどもあるのでチケット確認だけでは普通に入場できないので、10時ギリギリに行くとたぶんけっこうならばされて寒い思いをしてしまう。

 

コミコン会場の幕張メッセはJR京葉線海浜幕張駅の最寄にあるのはみなさんご存知だと思うのですが、そこの駅の構内に輸入食材やお菓子やコーヒーの試飲で有名な【カル●ィ】がありまして。開場に向かう前に、ツイッターのフォロワーさんと当日一人お会いする予定があったのでお土産を購入し、コミコンにこれから向かおうとしているのにもかかわらず、駅構内のコンビニの店員さんが嫌々やらされているような雰囲気でかわいそうだった、デッドプール一番くじが閑散としていたので、思わずくじを引いてしまう。

寄り道はしてしまいましたが、目標の11時には会場に到着し、さくっと入れたため、そこまではご満悦だったのですが、会場に入って今年のショッパーをまずゲットしようとして、キョロキョロしたら、去年は長テーブルに山盛りに無造作におかれていたコミコン限定ショッパーがない。あれ?と思っていたら『今年のオリジナルバッグの配布は終了しました』の事務的な文字・・。

 

えーーーーーーーっ!!

あれを背負って会場内を歩くのがコミコンなのにーーーー。

 

とここで出鼻を挫かれるも、気を取り直して、まずフロアマップも見ずにあてもなく歩き、とりあえず、マーベルのブースに並びお目当てだったキャプテン・マーベルムビチケを購入。

そのあと、アベンジャーズ/インフィニティウォー】等身大フィギュアが展示されている列で並びながらみんな写真を撮っていたので、なんだ?と思ったら、FunkoのPOPの人形の販売ブースに入るための列でした。

買わない人も写真を撮るために並んでいたので、割と並んでいましたが、わたしは兼ねてから探していたヨンドゥの人形(しかもガーディアンズ2のバージョン)コミコン限定で売っていたので、写真を撮りながら並びました。

たまたま、わたしの前に並んでいた人が、スター・ロードのジャケットを着ていてお子さんをだっこされていたのですが、リュックにベビーグルートの割と大きめの可動式フィギュアを顔を出して背負われていて、可愛かったのでお声をかけて写真を撮らせてもらったり、ちょっと後ろに並んでいた全身マーベルファッションに身を包んだ外国人のけっこう年配の女性が、アイアンマンのフェイス型のハードタイプのリュックを背負っていて、その娘さんかお嫁さん世代の女性が同伴されていて、おばあちゃんに「This Bag so Cool!」と声を掛けたら笑顔で返してくれて。

 

ヨンドゥの人形をゲットしたあとに、声をかけたらアイアンマンバッグの女性とお連れの方とは少しお話できました!

わたしも欲しいのですが、どこで買ったのですか?と聞いたら、バッグは、若い女性のご主人がインターネット(ヤフ●ク)で購入されたそうで。

出身はオランダだが、今は日本に住んでいるとおっしゃられてました。

会場でかなり目立っていたので、見かけた方もいらっしゃるお2人だったと思います。

 

「I Love IRON MAN!」と言ったら、「Me too!」と返して頂きました。

アイアンマンは世界を平和にするを体現できた貴重な時間でした。

 

 ちなみに、今回ヨンドゥがゲットできたので、ガーディアンズの主要メンバーで家にいないのは、スター・ロードだけになりました。

ロケット、グルート(3種類)、ネビュラ、ガモーラ、マンティス、ドラックス(懸賞でもらった)と、今回のヨンドゥで、予算の関係上、好きな順番に購入していったら、主人公がもう売っていなくいないという事態に。

まぁ、そのうち手に入るでしょう(笑)

そして、その界隈を歩きながら撮影したアベンジャーズの写真たちで、一番よく撮れていたのは愛の関係で、肩にベビーグルートを載せたロケットでした。

あの秒で撮影しなきゃいけない状況で、すごい集中力だったなと。

ソーは全部ピンボケしていてさすがにやる気なさすぎで笑いました(笑)

 

このあとは、各ブースをなんとなくまんべんなく周り、スタン・リーの追悼碑にメッセージを書きコスプレイヤーさんたちを眺めたりして過ごし、今回の目玉でありそうな出し物であった、マーベルポップアップストアが大混乱をしているようだったので横目で通り過ぎていました。

わたしは関東在住で、割とマーベルグッズを日頃目にする機会も多いですし、何かあればすぐ行けるけどマーベルファンとしては、コミコンのために遠くから来ている人たちには是非この機会にたくさん買って欲しいと思っていたためです。

ネットでなんでも買える時代ですが、実物を見て、手に取って、気に入って買う決断をしお金を払い、たとえ帰りの荷物になったとしても、気になったものを持ち帰る喜びはなにものにも換え難い。

わたし一人が入らなかったからといってたいしたことにはならないのはもちろんですが、わたしの分の整理券が誰かに渡ることで、「マーベルグッズ、かわいぃ~♪」から、映画に入ってくれる人が居ないとも限らないし。

 

このあとは、会場内の女子トイレで去年ひどい目に遭って時間を無駄にしたのでお昼とトイレがてら外に出ました。女子トイレの件はもっと大々的にアナウンスしたほうがいいと本当に思います。生理現象をあんなに長い間待たされるのってちょっと異常事態。

面倒でも一旦会場を出て、近くのビジネスビルかショッピングビルのトイレに行ったほうがいいと思います。それでも並んでましたが、会場内のトイレよりはマシです。

 

その後は、ツイッターのフォロワーさんとお茶をしつつ二時間ほどおしゃべりをさせてもらいました。ツイッターを初めてから実際にフォロワーさんとお会いするのは初めてだったため少し緊張していましたが、正体不明のわたしと初めて会うのはお相手の方も不安だったでしょう(笑)

実際お会いしたらわたしからみるとかなりお若い方で話が合うかどうか不安でしたが、元々共通の話題がある同士、海外ドラマの話なんかでかなり濃密な時間を過ごせたと思います。

もっと聞きたいことがたくさんあったので是非またお会いしたいし、オフ会というとハードルが高くなってしまうこともありますが、コミコンという人が集まる機会にお会いして直接お話できたことは貴重な体験でした。

今年のコミコンの楽しい思い出の一つとなりました。

別れ際に「コミコンより楽しかったです!」と言っていただけたことは本当にわたしも嬉しかったです。

 

そして、会場に戻り、映画をまだ観ていないのに【バーフバリ】のヘナタトゥーを入れてもらう予約をしていたので、そこでヘナタトゥーを入れ終えてぶらぶらしていたら、すごい人だかり。メインステージでイベントが始まるところでした。

わたしもかなり後ろの方から眺めていたら、今回の目玉ゲスト、トム・ヒドルストン氏登場~。

正直、アベンジャーズの中ではロキはわたしの中では全然推してなかったので、(ファンの方すみません)、まったく期待していなかったら、ステージ上に立つ、動いて喋るナチュラル・トムヒが素敵すぎて、

 

一瞬で心を奪われる(笑)

 

さすが、イタズラの神。神力半端ない。

 

トムヒにまったく興味を示していなかった友人に写真送ったら、無反応だったうえ暴言らしき発言をしていたのに、そのあと登壇シーンの動画を送ったら『ロキ様』と呼んでいました(笑)

 

生トムヒは、超小さかったけど裸眼で確認。

あの空間に居られてすごいよかったです。

来年は推しが来たら、絶対撮影会に参加をすると心に決めました。

 

結論、スターはすごい。本当にまぶしい。

 

スターをスターと初めて言った人にノーベル賞をあげたいですね(笑)

 

登壇イベントのあとはビッグバンセオリーのシェルドンのパーカーを着ていた通りすがりの人と少しお話できたり、今思い返すと楽しいことがたくさんありました。

 

変な会場のレイアウトとか、物販が近々でやっている映画に偏ってしまっていたり、本音を言えば、もっと海外ドラマグッズの物販をやってほしいとか色々要望はありますが、コミコンはお祭りなので!!

 

また来年元気に行けるといいなー・・。

 

体力の衰えが年々深刻なのでこれが最後のコミコンレポにならないように健康に気を付けて1年過ごしたいと思います。

 

それでは、またーーー!!

 

<スポンサーリンク>