たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

【ブログ】有名ブロガーさんのブログとわたしのブログの赤裸々な差。

先日、雑記ブログ界隈ではかなり成功していてファンも多い、はてなブロガーさんである結騎 了(id:slinky_dog_s11)の記事を興味深く拝見させていただきました。

雑記ブログを運営している方は共感できる部分も多いと思う記事だと思いますし、わたしの記事なんかより断然参考になると思いますので、是非読んでください。

 

www.jigowatt121.com

 

結騎氏は、ブログのほかに寄稿などもされている方で、ライターさんがブログをやっているといった方がいいかもしれなく、ブロガーとしてくくるのは大変恐縮なのですが、内容に非常に共感できる部分があったので、わたしも一筆書かせて頂こうと思いました。

 

ちなみに結騎さんは、ブログ運営期間は10年、はてな読者数1892人Twitterのフォロワー数が2020年2月現在で9000人近くいらっしゃいます。

 

ちなみにわたしはというと、ブログ3年ではてな読者登録してくださっている方は51人、Twitterのフォロワーさんは350を超える程度です。

結騎氏は<グラグラの橋の上にいる>とおっしゃっていますが、わたしはその橋の下の急流をラフティングボートから落とされないように必死に漕いでいる身。

ブログ界の天空にいる方の体験談に自分を照らし合わせるのは、大変おこがましいとは思いますが、わたし自身アドセンスに合格したのが、2018年8月の下旬でちょうど一年半を超えたあたり。

 

二年目を迎えた雑感として、うーん、気持ちわかる。

 というのが、記事を読んだ率直な感想でした。

上には上がいるし、下には下がいるってわかってるけど現状が不安になるよねって思いました。

 

もちろん書いてある数字は、わたしのブログと桁すらぜーんぜん違いました!

 

だって、年間にしろ初年度収益7桁って、すごくないですか?

配偶者がいる人が、パートの年収を103万円で抑えると配偶者控除が全額うけられ103万円がまるまる手取りできる。

7桁に届くってそのぐらいのお金なわけです。

なにしろ、国民年金(老齢基礎年金)の満額が78万100円(6桁)ですから。

暮らすのは難しいかもしれないけど、副業としてはかなり成功していると思います。

わたしが7桁稼げるようになったら、本当に転職する(笑)

 

例えば、今なんらかの事情で働けない身になったとしても、記事の貯金で月にまとまった不労所得ができるということはすごい安心感だなと思いました。

さすが、フォロワー数1万人の威力はすごいです。

 

そして、逆に絶望感も味わいました。

 わたしにはここのラインに到達するのは一生無理だなと。

 

ちなみに、PVごとの単価は、アクセスの多い結騎氏のブログより、わたしのほうが断然低かったです。

本人は1PV単価は低いとおっしゃっていますが、0.185・・正直、すごくうらやましい・・。

そうか、PVの少ない価値のないブログは広告単価も低いのか、ビジネスだから当然だよなと現実を突きつけられたわけです。

 

なので、0.185の広告率より低くて落ち込んでいる人、わたしのブログ、もーっと全然低いから安心して!(涙)

 

とにかく、わたしもSEO対策をあんまりせず、好きなことを書いていて、

 

結局は、書く文章が面白くないと「読まれない」のだ。小手先を追求するより、ひとつでも多く記事を書きたい。

 

この部分に特に共感しました。

わかる。

同じ思いです。

だからこそ、収益出てないんだよねー(笑)

結騎氏ぐらいのPV稼げるようになってから、言わないといけない言葉だったんだよな。 

 

そもそも、ブログを始めたきっかけが面白いと思えないドラマの絶賛記事ばかりな現状にうんざりし『マイノリティかもしれない自分の考えに、共感してくれる人がいるはず』というものだったため、”書きたい”が先行していて、そのあとは喜んでくれる人がいるので、なんとか続けたいに変わってきました。

その思いは今も同じですが、人間だもん欲が出る。

 

今年に入って、すでに『ブログ初心者さんへ』と題して下記記事をUPさせていますが、上記ブログとリンクする部分もあるので、それを踏まえてもう少し詳しく、底辺ブロガーとしての雑感を書いていきたいと思います。

 

www.meganetamago.com

 

<広告>

 

 

基本的には、上記はてなブロガーさんとわたしの言っていることはあまり変わらないのかなという気がしています。

とにかく、アクセスを稼がないと、収益は出ないと。

しかし、それは自分でコントロールできる範疇にない。

どうしたら、成果を認めてもらえるのかわからなくてもがいている状態というか。

こちらとしても、向こうの言いなりになりたいわけじゃなく難しい部分もある。

だって、ブログだし、好きなこと書きたいよね。

 

一方、PVに対しての収益単価を計算していて、一日137PVあれば年間コストはペイできると記事内でおっしゃっていますが、そこは、はっきり言いますが、人によります。

 

なぜならわたしは今の単価だと1日137PVでは全くペイできないからです。

 

ちなみに1か月税金などを差し引いて普通に暮らせるだけの額をブログで稼ごうと思った金額をちょこっと計算してみたら、0.185の単価の広告率と比較したPVと、わたしのPV単価では0.185の広告単価のブログに比べて、月間さらに100万PVのアクセスが必要で思わず笑ってしまいました。

数百万PV稼いだ上でさらにプラス100万。

サイトの価値が低いと、こういうことになるんだ・・ハンデが大きすぎて、無理ゲーすぎる(笑)

 

ただし、広告の貼り方によっては1日100PVでもペイできる人はたくさんいるだろうというのがブログの難しいところで、実際のところ正解はないのかもしれません。

雑記じゃないアフィサイトであれば、全然イケる部分もあると思う。

 

ここまで、上級ブロガーと底辺ブロガーの比較で、雑記ブログの天と地をお送りしました。

だいたいの人は年間7桁稼げるようになるまで、そのコスパの悪さに疲弊し脱落していくのが普通ではないかなと思うのです。

 

これだけは、はっきり言えるのですが、イラストブログはともかく、雑記ブログは文章をアウトプットするのが好きではないとダメです。

わたしは奇跡的に文章を書くことがすごく好きだったため、全くお金が得られてなくても続けることができました。

 

お金も入ってきたら嬉しいなぁ~

 

ぐらいのスタンスでないと楽しくないです。

 

今回、わたしよりはるかにPVのある人の実態を読んだことで、自分がそこの段階までいくのは絶対無理なので、本当にあきらめがつきました(笑)

色々ショックなこともありましたが、文章を読むのが目的でブログサイトを訪れている人が多いと収益が出にくい、極論「広告がクリックされない、収益の出ていないブログは面白い」と言っていただけたことは非常に励みになりました。

 

なので、単純に楽しいからっていう理由でブログを続けていきたいと思います。

 

それでは、また。

 

 

<広告>

 

 

最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック

最短で収益を得るためのGoogleアドセンス攻略ガイドブック