たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

『このサイテーな世界の終わり』シーズン2ネタバレ感想:二人のおかげでピュアな心を一瞬取り戻す。

Netflixオリジナルドラマ『このサイテーな世界の終わり』シーズン2完走です。

 

シーズン1で綺麗に終わったかと思いきや、シーズン2もいい感じにストーリーが展開していったアリッサとジェームスの物語。

シーズン1はクリフハンガーラストでしたが、予告というかもうドラマのオフィシャルページでジェームスも登場してるから、2人の物語って言っちゃっていいですよね(笑)

 

もう、2人ともほんとうに可愛かったです!

 

アリッサのちょっとけだるい英語もすごく好きになってたし、口癖のWhat?が癖になってました。

日本の若い子に、は?って返されたら「ちょっとあなたそこに座りなさい」ってレベルで腹が立つと思うのにアリッサのは可愛かった(笑)

アリッサのOkey.も好きだった。

 

シーズン後半、ラスト2話の話の持っていき方がすばらしく、シーズン1でのストーリーや思いも拾ったうえで迎えたクライマックスにはジーンとしてしまった。

お洒落な雰囲気はそのままに、新キャラであるボニーの存在も含めて無駄なものが削ぎ落されて必要な要素だけ詰め込んだようなドラマでした。

最終的には、世界はサイテーでもなく、終わってもいないというイギリスドラマらしいオチでした。

 

シーズン2ということもあり、これ以上の感想をネタバレなしで書くのは無理があるので、早々にネタバレ感想に移りたいと思います。

 

 

シーズン1未見の方はこちらをどうぞ

www.meganetamago.com

 

<広告>

 

 


 

 アリッサもジェームスもすごく可愛いけど、普通さを残したまんまの可愛さなのがやっぱりすごくよかったです。

素直になれず、終始不機嫌で仏頂面でキレるアリッサに、壊れ物に触れるような態度でおどおど接するジェームスが可愛すぎた。

 

それに、ナチュラルなメイクとウェディングドレスという取り合わせもお洒落だよねー!!

可愛かったよねー、アリッサ。

 

って、わたしこの記事書き始めてから今までの間に何回『可愛い』って言うんだよ(笑)

 

可愛さやお洒落さだけではなく、ストーリーもしっかりしていてシーズン1で2人が若気の至りでしでかしてしまったことでの心の傷をテーマに”あれから2年後”というそのままの状態ではいられないけど、傷が癒えて折り合いをつけるには微妙すぎる時間というのもよかったんだと思います。

1年後では早すぎるし、若い時の3年は長すぎるから。

 

そして、その傷を浮き彫りにするボニーという存在。

シーズン1で正当防衛とはいえ、ジェームスとアリッサが手に掛けてしまった人の仇討に現れた。

彼に年老いた母親という家族はいたけれども、息子のしでかしたことを隠ぺいしているし、これ以上事を荒立てなくないと思うのは自然な流れだし(そうかー、こういう手法があるのかー)と感心した。

昔の二時間サスペンスとかではよく、離婚したから名字は違うけど、実は血の繋がったきょうだいが復讐しに現れるとかはよくあったけどさ(笑)

最終的には、彼女が2人を追いつめることになってしまったけど、特別に彼女に親切にしていたわけでもなかったけど、アリッサ&ジェームスと行動を共にしたことで復讐に燃えていた自分に、迷いが生じてしまったのがカフェでの対峙するシーンによく出ていて見応えがありました。

孤独なボニーが唯一の心の拠り所を失って復讐心に燃えるのは当然だよなー。

わたしがボニーでもそうなるかも。

でも、普通に人をひいてるからちょっとその時点でやばい人ではあったんだけども・・。

不運にも、故意にではなく人を殺めてしまったので、今度はそんなに軽い罪ではないとは思いますが、できれば立ち直ってほしいと思います。

それにしてもあの怪我でよく、平静を保っていられたと思う。

 

さらには、生きることに希望も見いだせないようなそぶりをみせていて、人生を達観していたアリッサが危険を顧みずボニーの自殺を身を挺して止めた姿には思わず心を打たれました。

ジェームスだけのせいにしてなかったしね。

ジェームスからの手紙にはものすごく傷ついたんだろうなと思ったら、ハグしてよしよししてあげたいぐらいの母性がアリッサに芽生えてました(笑)

多分、トッドのこともジェームスほどではないにしろけっこう好きだったんだろうな。

トッド、いいやつだったし。

 

そしてー、ジェームスくんはよく頑張りました!

ジェームスが事件を起こしてしまい生死の境をさまよったことで、父親と親密な時間を持てたことはすごいよかったし、そのことがアリッサへの道に繋がったかと思うとジェームスパパには感謝しかないのですが。

実際は、アリッサのこと見張ってて車運転してたぐらいしかしてないけど、飼い主(アリッサ)が大好きな健気な犬のようで、ほっとけない感すごかった(笑)

シーズン1より子どもっぽく見えました。

アリッサを必死で探し当て、最終的には2人のことを2人で乗りえられる道筋ができてすごくよかった。

頑張った2人に心が洗われた。

殺伐とした毎日ですが、一瞬ピュアな気持ちになりました・・。

 

そして、観た人全員が幸せな気持ちになったであろうラストシーン。

I love you. が聞こえていたと恥ずかしそうに告白するアリッサに嬉しそうにするジェームス。

やっと素直になれたアリッサに気持ちをぶつけたいのを止められたけど、シーズン1では拒否した、火傷をしたほうの手に手を重ねるシーンには思わずうるっときました。

 

とっても、いいラストシーンでしたねーーーー。

 

家出を経験して、ちょっとだけ大人になった2人に会えて嬉しかったです。

シーズン2も綺麗に終わったから、もうこれで終わりかな。

次がなくても全然いいけど、あったら絶対観るよ。

最後に蛇足ですが、イギリスのスコーン超大きかった!

この間、アフタヌーンティー(三段重ねのほうのやつ)特集をテレビで観てからイギリス熱が高まっています(笑)

 

というわけで、それでは、また。

 

<広告>

 

 

※ネトフリ公式サイト  このポスターすごく可愛いよね。

f:id:meganetamago:20191129101732j:plain