たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

【Netflix】コミンスキー・メソッド シーズン2 感想 枯れてますます元気なマイケル・ダグラス。素晴らしい。

激しく枯れたおじさん2人のコメディドラマ『コミンスキー・メソッド』シーズン2。

 

主演のマイケル・ダグラスアラン・アーキンは、エミー賞のコメディドラマ部門、主演・助演共にノミネートされていました。

どちらかは受賞するかなと思っていたのですが(個人的にはアラン・アーキンの受賞を期待していた)今回は、残念ながら受賞は逃してしまいました。

しかしながら、賞は獲れなかったとしても、ドラマの面白さは変わりません。

 

シニア友情物語といえば、女性ふたりのドタバタシニアライフを描く『グレイス&フランキー』も大好きで、そちらはシーズン5まで視聴済みです。

来年のシーズン6待ち状態。

そのグレイス&フランキーよりも年上のアラン・アーキン(85)の年齢の事こともあり、シーズン2への更新はないんじゃないかとうっすら思っていたので、今回元気な姿を観られて非常に嬉しい。

 

そういったわけで、2019年10月25日に新シーズンが配信されましたので、さっそく観てみましたので、ネタバレなしでレビューしてみます。

 

※シーズン1未見の方はこちら

www.meganetamago.com

 

<広告>

 

 


 

結果からいうと、シーズン2ものすごくよかったです。

次々さくさくと観たいと思ったドラマは久々かもしれない。

そして、 何度もじんわり来た。

 

マイケル・ダグラス(75)は、シーズン1より演技が軽快に感じて面白かったです。

演技をよりコメディよりにシフトさせてきた感じ。

マイケル・ダグラスより10歳年上のアラン・アーキンにはさすがに年齢を感じましたがそれでも、演技が素晴らしかったです。

ラブシーンも目力も色気もあり、生涯現役を体現していました。

 

ところで、今回 アラン・アーキン演じるノーマンの元カノ役で出演していたジェーン・シーモア(Jane Seymour)というイギリス出身で、現在はアメリカの女優さん。

登場からあまりの美しさに度胆抜かれる。

 アラウンド70としては世界的レベルの美しさだと思う。

下記ページには、ジェーン・シーモアの2歳から68歳までの写真を編集した10分以上の動画が、冒頭にあるのですが(268の矢印マークを押すと動画が始まります)

10分以上のただ彼女の写真だけがゆっくり写されていく動画をひたすら(綺麗--・・・・)と思いながら最後まで見続けてしまった。

 

article.wn.com

 

 10代から20代の瑞々しい美しさもさることながら、45ぐらいの盛り返しがヤバい。

彼女の美しさもシーズン2の見どころの一つだと思います。

ノーマンの死んだ奥さんも上品で素敵だけど、ジェーン演じるマデリンは本当に文句のつけようのない”美人”で、動画を眺めながらどこかの王妃に選ばれる人ってこんな人なのかなぁと思っていました。

 

そしてノーマンはに話を戻しますが、劇中でもマイケル・ダグラス演じるサンディより年上なのですが、どちらかというとサンディよりもノーマンのほうが、即キレる頑固ジジイ的な位置付け。

わたし洋画とか海外ドラマでシニア俳優がブチギレて、Fワードとか叫んでるのすっごい好きなんですよね(笑)

自分に実害がないからか、 なんかすごく元気貰もらえる。

 

あと、シーズン2では、サンディとノーマンそれぞれの娘との関係が色濃く描かれていてそこもすごくよかったんです。

シーズン1は本当に友情物語中心だったけど、シーズン2は友情をベースにしたホームドラマになっていてそこもよかったです。

独り身である高齢の父親との関わり方は他人事じゃない感じでした。

そのキモを握っていたのが、サンディの演劇スタジオをシーズン1でサンディに譲られた娘のミンディです。

ミンディ、今回のシーズンすごくよかったし色々共感できた!

責任感が強く、周りに気を配れる頭のいい人で、言うこときかない実の父親に翻弄される娘ナチュラルでいい感じでした。

あとミンディのパートナーも良キャラでした。

 

エピソードの後半は意外な展開に話が進んでいきましたが、そのターニングポイントにゲスト俳優として登場してたのがブレイキング・バッド『ベター・コール・ソウル』ソウル・グッドマンを演じる、ボブ・オデン・カークです。

エルカミーノもまだなんとなく手が出せてないし、 あのハスキーボイスとつるんとした顔を久々に観られて嬉しかった(笑)

 

シーズン2の中では解決していない案件がまだまだあるけど、シーズン3に更新予定なのかなぁ。

海外ドラマゲスト俳優としての地位を確率しつつあるハーレイ・ジョエル・オスメント君の案件もすごく気になる(笑)

 

しかし、わたしは過去に踊る大捜査線シリーズjの和久さんという超重要キャラクターの中の人であるいかりや長介が亡くなって、ドラマから消えたとき喪失感がすごくて、その後、和久さんの居ない踊る大捜査線シリーズを純粋に楽しめなくなったという経緯があるので、高齢俳優、女優さんは過剰に心配してしまうんですよね。

あの感じだとまだまだ元気だし全然やれると思う。

でも、シーズン更新をするならシーズン3で綺麗にまとまってくれるといいなーと上記の理由でわたしは思うわけです。

 

これから観る方は、是非ドラマの世界観にハマっちゃってくださいー。

30分×8話なんで、あっという間に終わっちゃう短い旅ではありますが(笑)

 

 それでは、Cheers buddy!

 

<広告>