たま欄

映画、海外ドラマ、本、時々日常。

2020年8月(お盆明け)現在、コロナ禍中、東京とわたし。

コロナ関連の記事は久しぶりです。

 

相変わらず猛烈に暑い中、頑張って電車通勤し、東京で働いております。

寒さで凍死は覚悟したことあるけど、暑さで死を意識したのは生まれて初めてです。

 

関東に越してきたのは、真夏の七月のお彼岸明けという最悪の日程でした。

その年に、エアコンに慣れてないわたしは、エアコンつけない真夏の無風の部屋でサウナ状態の中、比較的冷たい床で意識を失って(寝ていたみたい)大変なことになったことがあるけど、それでも死ぬとは思わなかったのに、今年は5分外を歩いただけで体が悲鳴を上げる暑さの日がありました。

 

わたしにはお盆休みはありませんでしたが、みんなが休んでる間は電車が空いていて、座って通勤できたというのだけが救いという、切なさ。

 

資本主義の底辺で生きるのしんどすぎる。

 

現在は、コロナに感染するか、暑さで死ぬかという状態ではありますが、空もだいぶ秋めいてきました。

たまに涼しい風が吹くときもあり、梅雨明け前後のメンタルに比べれば、だいぶマシに。

緊急事態宣言時も普通に働いていて、かなりメンタル落ちてヤバいと思っていたけど、まだ底があったのかーって感じです(笑)

 

長引くコロナ禍と梅雨にメンタルをゴリゴリ削られ、PMSもくらったわたしは、一時期、果てしないソーシャルディスタンスを保ちたくなり「もう、北海道に帰りたい・・」と一旦口に出したら涙が出てきてしまったり、希死念慮が頭から離れず、薬を見つめて「これ、どのぐらい飲めばいいのかな・・」ということが脳裏をちらつくほどで、そんなときに三浦春馬くんの件があったもんだから、もう大変。

軽いメンタルの薬を飲んでるにも関わらず、何をやっても楽しくないという危機的な状態。

ものすごく迷った末、脳のセロトニンを強制的に増やす薬を飲んでみたけど、吐き気に襲われて断念という、今までの人生は割とハードな危機に見舞われてき方だと思っていたけど、意識が外に全然向かず、常に自分に向いてしまっていたので、かなりピンチでした。

 

どんな感じか例で表現します。

【どこからでも切れます】っていう小袋が、全然切れないときあるじゃないですか。

そういう時に、一般的には

 

「全然、どこからでも切れねーじゃねーかっ、FU*K!」

 

ってなると思うんですね。

 

一方、どん底メンタルの時には、

 

「誰でもどこからでも切れるやつなのに、切ることもできないわたしなんて、生きてる意味がない・・。〇んだ方がいいんじゃないか・・(涙)」

 

って本気でなっていたので、外に意識が向かっているうちはまだまだ甘いということを知りました。

なんでもかんでも〇んでいい理由に繋げちゃう感じの思考は初めてで、いい人生勉強だったかも。

これからは、そういう気持ちの人に寄り添える。

 

・・・って、まさかこのあと何年か後に、さらに更年期がくるの・・?

 

それとも、もう来てるからこの状態なの? と、未来に絶望しかない状態なのですが、長所でもあり短所でもある無駄な我慢強さで、毎日仕事にはきちんと無遅刻無欠勤で来ていたので、コロナ禍において東京の現状をリアルタイムで見ておりました。

 

ちなみに、わたしは地上波のテレビ番組はこのコロナ禍になってからは、気になっている録画のドラマ以外は一切見なくなったので、テレビの情報は全く知りません。 

ニュースは毎日ネットで拾っていますので、知識に若干の偏りがあるかと思いますが、テレビの報道も信用できない部分があるので似たり寄ったりかなと思います。

もう宗教みたいに、各々が【どの情報を信じるか】という段階に来ているのかなと感じます。取り入れた情報を精査して自分で見極める力が必要な時代。

 

ここからは、 個人的な話にはなりますが、これも底辺日本国民のコロナ禍でのリアルな実態なので、2020年はオリンピックイヤーどころか、和暦でいうところのコロナ元年ということになってしまったので、記録に残しておこうと思います。

 

<広告>

 

 

一言でいうと、街に人は戻っています、電車も混んでいます、店も開いています。

 

 もうみんな忘れかけていると思いますが、何故かコロナ禍の真っただ中に行われた都知事選挙

選挙が終わってから、これも何故か爆発的に増えた東京の感染者、そして極めつけのGoToキャンペーン。

 

経済活動を止めないために悪者を決めなきゃいけなかったからなのか、夜の街への糾弾が激しかったけど、それも今はおとなしくなってきてる気がするし、もう夜の街だけのせいにできない感染経路なんだろうと思います。

共通の敵は団結力が強まるっていうけど、東京に普段接していれば夜の街だけの問題じゃないことは火を見るより明らかなわけで。

 

ほぼ全員マスクはしていますが、サージカルマスクより、ファッションマスクが増えています。

マスクはいろんな種類のものが売っていて、値段はともかく手に入らないってことはなくなりました。

不織布はまだ値段が元に戻っていないので、経済的な意味もあり、簡単に洗濯できる布マスク派が増えたのかなと思われます。

 

ただ、暑いよー、布マスクー。息ができない。

でも汗を吸う分、不織布よりマシなんだよね。

不織布、肌荒れすごいんだわ・・。

 

アルコールも品質はともかく場所によっては、買えるようになってきていますし、値段も落ちてきています。

 

一般人にPCRはハードルがまだまだ高いけど、芸能人に次々にコロナ感染の軽症報道が出ているので、普通にそのへんにいる人たちも検査してないだけで、無症状感染者なんだろうと思って生活しています。もちろん、わたしも含めて。

電車通勤していればわかると思うのですが、車内のつり革、手すり、エスカレーター、エレベーター、 ソーシャルディスタンスを無視した数センチ単位での密着と、感染はどう考えても避けられている状態とはいえません。

マスクと換気っていったってねぇ・・。

あれが密じゃないと判断されるのなら、色々出来るイベントあると思いますよ。

 

実際問題、東京では細かく公表されていないだけで、そのへんでもコロナは出ていますし、隠蔽してるかザーッと消毒して、しれーっと営業してるところあります。

 

「〇〇の××の人、例の劇、観に行ってたんだってー」

「へー」

 

ぐらいのスタンスです。

正直、身近になりすぎている感があります。

 

 

感染者が爆発的に増え始めた頃は、仕事に影響するので毎日職場でも「今日の感染者」に一喜一憂していましたが、もう「今日の最高気温」にシフトしていて、どんなに感染者が増えても、どこも何も対策しないのでは? 少なくとも、うちは何もする気がないな(国も、都も)っていう状況です。

 

実際問題大手企業では、まだまだ在宅勤務者も多くはいることはいます。

社会的アピールもあると思いますが、Yah〇〇などは95%のテレワークを発表していましたが、おそらく社員の95%だと思われます。

あくまで、社員だけ。

 

大手の取引先は、電話口から在宅の担当者に電話を回されるか、転送されるようになっており、電話口に出ているのはおそらく留守番の派遣さんかアルバイトです。

こちらは直で話したい人と話すこともできず、電話をたらいまわしにされ余計な時間がかかり、なかなか仕事が進まなかったり、在宅で仕事のシステムの環境が悪いためかミスも多い印象で正直やりにくいです。

仕事しているていの、不要不急のメールも送ってこないでください。

大手が在宅しているしわ寄せが、中小に来ています。

社会的ヒエラルキーをあからさまにされているうえ、大手企業に恩も何もないわたしは、特に協力する気になれなくやる気を削がれているだけです。

 

売店や飲食店では、アクリル板やビニールシート、消毒など、どこのお店でもある程度の対策はされていますが、もう国が国民をほったらかしているので、あとは個人の価値観に任されているという状態ですね。日本人が大好きな自己責任論

アフター・コロナどころか、このままコロナと共存していくんだろうなという意識です。それでも、時短営業のお店もたくさんあるし、飲食店で時給で働いている人、24時間営業の深夜でダブルワークをして生活を食いつないでいた人などは、大打撃だと思います。販売員さんの派遣さんとか本当に大変だろうなー。

 

そして、潰れている店もたくさんあるなという印象。

特にアパレル系や服飾系は大打撃だと思う。

出かける人が減ってるのに、服買わない。

そもそもお洒落して出かけるところないのに服買いたいと思わないよな。

人とも会えないのに。

靴も傷まないし、テレワークしてる人は通勤服も鞄もいらない。

大手企業がたくさんあるビジネス街のランチや仕事帰りの一杯、宴会で稼いでいた飲食店もほんとうに大変そう。

飲食店や小売店がが大変ということは、そこに食品や資材や備品を納品していた業者も大変ということです。

経済は▲ではなくて〇だから。

 

その一方で、平日、休日関係なく某夢の国に、ニコイチファッションで朝早くからお出かけする人たち、普通にたくさんいます。

GoToもやっていますし、夢の国は東京じゃないので、どこの地域から来ていてどこに帰っているのかは不明です。

 

税金なんだよね、GoTo・・。

 

そういう人たちが大勢いるかたわら、頑張って自粛している人たちもいて、二極化が進んでいます。

自粛生活をずっと続けるのは辛いので、今後「大げさだよ~」派も、特に首都圏では増えると思います。

人間関係にも多大なる影響を及ぼしそうですが、人生という限りある時間において、誰と過ごすのが大事なのか見つめなおすいい機会かもしれません。

 

わたしは首都圏在住なので、

 

「会う人を感染させたくない」←大事に思ってる人

「会って感染したくない」←人生に不要な人

「会って、感染を自分のせいにされたくない」←本当は不要だけど付き合っていかねばらない人

 

っていう感じですかねー(笑)

 

今、会う人を感染させたくないと思っている人との縁は続けていけたらなと思います。

 

そういったわけで、国政の時間稼ぎの勝利なのか、元来の性質なのか、個人的にいうと現在は、色々と諦めている状態でしょうか。

とにかく耐えているけど、何に耐えているのかすらわからないもやもやした感情です。

 

元々何に対しても諦めることばかりを選択してきた人生だけど、今こそ夢や希望が必要なときなのかもしれません。

でも、そういう心理状態になれないです。

それに、元々、夢とか希望とか持ったことあんまりないのに今さら無理でしょう(笑)

 

持てる人は、持ったほうがいいです。

限りある人生をコロナでつぶされるのは癪だと踏ん張れる人は、是非頑張って欲しいと思います。

 

とにかく、みなさん、心身の健康に気を付けて過ごしてください。

 

過ごしやすい秋までもうすぐですね。

わたしは秋が一番好きです。

  

それでは、また何かあったら現状の報告にやってきます。

 

<広告>